クラウドマネージドサービスの市場規模、2026年に1,394億米ドル到達予測

クラウドマネージドサービスの市場規模は、2021年の861億米ドルからCAGR10.1%で成長し、2026年には1,394億米ドルに達すると予測されています。イノベーションマネジメントソリューションは、デジタル化の進展やワークプレイス変革の新たなトレンド、コスト削減、効率的なコラボレーション、新製品の市場投入までの時間短縮など、さまざまなメリットをもたらすことから、世界中の大企業や中小企業で急速に受け入れられています。

COVID-19によるクラウドマネージドサービス市場への影響

COVID-19は、生産や需要に直接影響を与え、サプライチェーンや市場を混乱させ、企業や金融市場に財務的な影響を与えるなど、さまざまな形でマネージドビジネスサービス市場に影響を与えています。COVID-19パンデミックにより、クラウド、AI、ビッグデータの導入が進み、多くの企業がリモートワークに関する新たな方針や規制を打ち出しています。

牽引要因:メンテナンスへの積極的なアプローチ

企業の経営者は、ITインフラとその機能について考える余裕があまりありません。しかし、事業継続のためには、ITシステムのメンテナンスは不可欠な問題であり、ITシステムで発生した問題を積極的に解決できるマネージドサービスプロバイダー(MSP)が必要になります。ほとんどのMSPは、24時間365日の監視サービスを提供しており、この事が顧客のサービス利用を促しています。セキュリティソリューションは、ITシステムを監視し、潜在的な脅威や障害を検出します。バグなどの問題は、ビジネスに差し支える前にトラブルシューティングされ改善されることで、ビジネスオーナーはITシステムやメンテナンスを気にすることなく、本来の業務に集中することができます。

抑制要因:データセキュリティとプライバシー

MSPは、企業がクラウド上に展開するデータの適切なセキュリティとプライバシー対策の維持を支援します。また、エンドツーエンドのネットワーク保護や暗号化機能を提供することで、より高いセキュリティを実現しています。しかし、クラウドマネージドサービスでは、セキュリティや機密性の問題が発生します。モビリティ、ネットワーク、エンドポイント、データベース、クラウド、ウェブアプリケーション、仮想化などのインフラにより、重要なビジネス情報を簡単に公開できるようになります。企業にとっては、セキュリティとプライバシーに関する懸念が、クラウドマネージドサービスの導入を阻む要因になっており、機密性の高いビジネスデータをMSPに提供することを制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]