ADASの市場規模、2030年に749億米ドル到達予測

ADAS(先進運転支援システム)の市場規模は、2021年の272億米ドルからCAGR11.9%で成長し、2030年には749億米ドルに達すると予測されています。今後の安全義務への対応や、半自律走行システムへの需要の高まりが、ADAS市場を牽引すると考えられます。

COVID-19パンデミックにより、自動車生産の停止や供給障害が発生し、自動車産業が停滞しています。自動車OEMメーカーにとっては、今後数四半期にわたる自動車販売台数の減少が大きな懸念材料になると考えられます。専門家によれば、2020年に自動車販売台数が回復する可能性は低いとのことです。一方、2021年のADAS市場は、自動車販売台数の減少や新しい自動車技術の開発の停滞により成長が鈍化するものの、2022年には各国で自動車の安全システムに対する義務化が進むことで、市場は大幅に拡大すると予想されています。

COVID-19のADAS市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、大手自動車メーカーは感染地域での生産を停止しています。さらに、自動車需要の低迷と自動車部品の供給問題が重なり、OEMメーカーは主要施設での生産を段階的に縮小しています。ほとんどの自動車メーカーは、生産を停止することでこの事態に対応しています。疾病の進行曲線の平坦化と疾病の抑制は、各国の対策に大きく依存しています。例えば、中国や韓国では、渡航の制限、都市全体での検疫、外出禁止、ロックダウン、専門病院の建設、医療支援の強化、検査の強化などの厳しい対策を実施することで、感染の拡大を抑えています。

パンデミックと世界的な原油価格の低迷の影響を受け、2021年上半期の投資はエネルギー部門を中心に大幅に縮小しました。また、輸出の伸びも大幅に減少しました。しかし、パンデミックの新たな波が発生せず、各国が迅速に感染拡大を抑制し、日常生活を再開することができれば、2021年の下半期には産業が回復すると予想されます。

中国では、感染拡大の抑制に成功し、日常業務の再開が順調に進み、2021年の後半には市場は回復する見込みです。一方、最も被害が大きかった地域の一つであるユーロ圏は、2020年を通して景気後退を経験しています。中でも、製造業の拠点であるドイツは、他の国に比べてはるかに遅いペースで回復すると思われます。米国では経済の低迷から失業率が上昇しており、市場の回復は2021年の後半ごろになると思われます。

牽引要因:車両安全規制の強化

自動車の安全性に対する意識の高まりと、カメラやレーダーの広範な応用による部品コストの低下が、ADAS市場の主な成長要因となります。主要なOEMメーカーは、より多くの消費者を惹きつけるために、より高い安全性評価を達成するためにADASソリューションを導入しています。そのため、大手OEMメーカーは、安全システムをモデル間で標準化するか、追加機能として提供しています。今後、ADASの普及により、カメラ、レーダーセンサー、超音波センサー、LiDARなどのコンポーネントの需要が急増すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]