メタノールの市場規模、2026年に363億米ドル到達予測

メタノールの市場規模は、2021年の307億米ドルからCAGR3.4%で成長し、2026年には363億米ドルに達すると予測されています。メタノール市場の推進要因は、自動車産業からの需要の拡大です。

COVID-19のメタノール市場への影響

メタノール市場には、Methanex Corporation(カナダ)、HELM Proman Methanol AG、SABIC(サウジアラビア)、Yanzhou Coal Mining Co. (中国)、Zagros Petrochemical Company (ZPC) (イラン)、Celanese Corporation (テキサス州)などの主要な Tier I、Tier II サプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、APAC(アジア太平洋)地域、欧州、北米、南米、中東・アフリカなどの国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

牽引要因:アジア太平洋地域における化学製品の需要増加

メタノールは石油化学製品の大量生産に使用されます。APACにおける石油化学製品の需要拡大がメタノール市場を牽引しています。自動車や建設などの最終用途産業における石油化学製品の使用が、メタノール市場の主な原動力となっています。石油化学産業において、生産量の多い有機化学品は、メタノール、エチレン、プロピレン、ブタジエン、ベンゼン、トルエン、キシレンです。エチレン、プロピレン、ブタジエンは、ブチレンと合わせてオレフィンと総称されます。メタノールはさまざまな化学製品の前身であり、一般的には一次石油化学品と呼ばれています。メタノールからオレフィンを製造することは、石油化学業界におけるメタノールの成長の大きな原動力になって来ている。MTO/MTPは、メタノール市場で3番目に大きく、最も成長している誘導体セグメントです。メタノールからオレフィン、メタノールからプロピレン(MTO/MTP)への用途が勢いを増しています。この用途はもっぱら中国が牽引しており、1990年には、メタノールからオレフィンへの変換技術が導入されています。このプロセスでは、メタノールはまずジメチルエーテル(DME)に変換され、その後、炭化水素に変換され、さらに、副産物として大量の水を含んだままプラスチックに変換されます。エチレンとプロピレンは、それぞれポリエチレンとポリプロピレンの主な原料です。プロピレンの需要は、エチレンよりも急速に伸びており、オレフィン製造プロセスで使用されている従来の技術では、この需要を満たすことができません。MTO技術は最も経済的であり、市場におけるオレフィンのニーズを満たしています。中国には、石炭を主な原料とするMTOプラントがいくつかあり、その成長は、最終用途産業におけるポリエチレンやポリプロピレンなどのプラスチックの膨大な需要により、急速に増加しています。したがって、中国におけるMTOプラントの増加と、同国におけるメタノールからのオレフィンの大量生産は、APACにおけるメタノール市場の主要な推進要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]