シリコン光電子増倍管の市場規模、2026年に1億7,300万米ドル到達予測

シリコン光電子増倍管(PMT)の市場規模は、2021年の1億2,000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2026年には1億7,300万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、医療用画像処理におけるシリコン光電子増倍管の需要の増加や、LiDARや3Dマッピング技術におけるSiPMの利用拡大など、いくつかの要因に起因しています。

COVID-19のシリコン光電子増倍管市場への影響

シリコン光電子増倍管市場には、ON Semiconductor(米国)、Broadcom(米国)、浜松ホトニクス(日本)、First Sensor(ドイツ)、KETEK GmbH(ドイツ)、AdvanSiD(イタリア)、Cremat(米国)、Excelitas Technologies(米国)などの主要なTier IIおよびTier IIIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、北米、欧州、APAC(アジア太平洋)、およびその他の国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

牽引要因:LiDARや3Dマッピング技術におけるSiPMの利用拡大

自動車用LiDAR市場は、2025年に7億3,500万米ドルとなり、2021年~2026年の間にCAGR28.3%を記録すると予想されています。欧米先進国では、半自律的な自動車を求める傾向が強まっています。トヨタ、Volvo、日産、Teslaなどの自動車メーカーは、市場の需要の変化に対応するため、製品ポートフォリオを半自律走行車にシフトしています。LiDAR技術は、このシフトを開始するのに役立っており、これらの半自律走行車の駐車、自動ブレーキ、安全バッグの自動リリースなどの用途に使用されています。交通事故の増加に伴う安全性への懸念から、この技術の需要が高まっており、自動車への搭載により大きな効果を発揮しています。

また、LiDAR技術は航空宇宙分野でも普及が進んでいます。Lockheed Martin社やRaytheon Technologies社などの大手航空会社は、航空機にLiDARを使用する先駆者となっています。航空宇宙分野のLiDAR市場は、予測期間中に4.51%のCAGRで成長し、2022年に4億8,110万米ドルに達すると予想されています。これらの企業は、自動化されたミサイル誘導システムにおけるLiDAR技術の開発に多大な投資を行っています。

シリコン光電子増倍管は、優れた低照度感度と高い被写界深度の画像を生成できることから、LiDARやマッピング技術に幅広く使用されています。このようにして作られた3D画像は、他の受光素子で作られた2D画像よりも優れており、これらの分野でLiDAR技術の需要が高まるにつれて、シリコン光電子増倍管の需要も大幅に増加すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]