ソナーシステムの市場規模、2026年に65億米ドル到達予測

ソナーシステムの市場規模は、2021年の59億米ドルからCAGR1.8%で成長し、2026年には65億米ドルに達すると予測されています。同市場は、対潜水艦戦能力の強化を目的とした海軍によるソナーシステムの採用、戦術的防衛プログラムにおけるソノブイの使用の増加、海底マッピングのための高解像度イメージングの需要増加などの要因によって牽引されています。

ソナーシステム市場の商用船セグメントは、2021年の26億8,650万米ドルからCAGR1.8%で成長し、2026年には29億3,900万米ドルに達すると予測されています。また、防衛艦船セグメントは、2021年の1億4,952万米ドルからCAGR2%で成長し、2026年には1億6,502万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19によるソナーシステム市場への影響

COVID-19は、多くの業界にいくつかの課題をもたらしました。海事産業もその例外ではありません。COVID-19の発生により、防衛分野に割り当てられる予算が削減され、ほとんどの研究プロジェクトが休止状態になっています。また、中東、アフリカ、ラテンアメリカの国々への軍用・商用船の輸出も減少しおり、このような状況が、ソナーシステムの開発に影響を与えています。

牽引要因:軍艦の納入数の安定成長

軍用船の納入が安定的に増加していることが、ソナーシステムの市場を牽引しています。軍艦では、最高レベルの精度を実現するために、最先端のソナーシステムが使用されおり、地雷探知、海底地形調査、対潜水艦戦、ダイバー探知、港湾警備などの用途に使用されます。例えば、潜水艦は敵海域を探知されずに移動するためにパッシブソナーを使用しますが、フリゲート艦やコルベット艦などは敵を探知するためにマルチスタティックソナーを使用します。このような軍艦の納入数の増加は、ソナーシステム市場が今後成長するための有利な条件となります。

市場機会:無人潜水機(UUV)の導入率の増加

UUV(Unmanned Underwater Vehicle:無人潜水機)は、遠隔操作が可能であり、海洋環境下で地雷探知、海底地形調査、魚類の行動観察などに使用されます。これらのUUVは、各国の軍や組織が関心を示しているため、急速に進化しています。UUVは小型であるため、そこに搭載されるソナーシステムも非常に小型であり、遠隔操作で効率的に動作する先進性が求められます。このことは、ソナーシステム市場に進化と成長を同時にもたらす機会を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]