監視ソリューションとしてのトラフィックセンサの市場規模、2026年に8億900万米ドル到達予測

トラフィックセンサの市場規模は、2021年の5億6,600万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2026年には8億900万米ドルに達すると予測されています。リアルタイム情報システムへのニーズの高まりや、政府による交通インフラのアップグレードへの取り組みなどが、同市場の成長の主な要因となっています。また、自転車インフラの整備に伴い、トラフィックセンサ市場での自転車カウントセンサの採用率が高まっていることも、トラフィックセンサ市場のプレーヤーに有利な機会をもたらすと予想されます。しかし、非侵入型センサを設置するための高コストが市場の成長を抑制すると予想されています。

COVID-19のトラフィックセンサ市場への影響

COVID-19パンデミックは、トラフィックセンサ市場の成長に影響を与えました。地域別に見ると、COVID-19の流行により、各国の製造工場が閉鎖されたため、輸出志向の経済に大きな打撃を与えました。例えば、ドイツの自動車産業は、自動車貿易のほとんどが中国やイタリアとの間で行われているため、深刻な影響を受けています。このような状況が、各国の交通機器の普及に影響を与えています。

牽引要因 : 急速な都市化と交通安全基準の重要性の高まり

都市人口の割合は日々増加しており、交通渋滞の原因となっています。2000年には世界人口の都市部在住の割合は46.72%でしたが、2007年には世界人口の半分以上の50.14%が都市部に住むようになりました。都市化と人口増加は、交通密度のレベルをエスカレートさせ、一般大衆の通勤を困難にしています。さらに、都市人口の増加に伴い、都市内外のビジネスパートナーとのビジネス量も増加しており、同時に交通量も増える傾向にあります。さらに、Eコマース、郵便・物流、レストランアグリゲーター・フードデリバリーなどのビジネスも拡大し、さらなる交通量の増加につながります。

抑制要因:高コストと、非侵入型センサ設置のための基本的な要件の充足

画像センサ、マイクロ波センサ、音響センサなどの非侵入型センサの設置やメンテナンスは、安全性の面で厳しい問題を抱えています。このようなセンサは、垂直方向や水平方向に大きなクリアランスを必要とするため、対面角度や取り付け位置によってその効果が異なります。また、赤外線センサは、坂道やスピードバンプのある道路では誤差が生じる可能性があるため、平らな面での設置を必要とします。さらに、非侵入型センサは、詳細な交通流データを計測できる誘導ループなどの先進的な道路技術に比べてコストが高く、非侵入型センサの応用を制限する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]