偽造防止パッケージの市場規模、2026年に2,113億米ドル到達予測

偽造防止パッケージの市場規模は、2021年の1,172億米ドルからCAGR12.5%で成長し、2026年には2,113億米ドルに達すると予測されています。同市場は、偽造の削減のため、メーカーがブランド保護に注力していることから、高い成長が見込まれています。

COVID-19の偽造防止パッケージ市場への影響

COVID-19パンデミックの拡大に伴い、包装企業のサプライチェーンが大きな影響を受け、プラスチックやラベル用紙などの原材料の供給不足が発生しました。また、2020年の第1四半期には、COVID-19への感染を恐れ、日用消費財への需要が若干減少しました。その後、包装会社や認証技術プロバイダーは、この影響に対処するために、偽造防止包装の利点を効果的に伝えるソリューションの開発に注力し、従業員の健康と福利を把握しながら包装材の安全性と品質を確保しました。

牽引要因

食品・飲料、パーソナルケア、医薬品業界における包装製品の需要拡大による全体的な成長が、偽造防止パッケージ市場の成長を促進しています。さらに、ブランドイメージと消費者の健康を守るために、世界中の企業や政府が偽造行為に対する取り組みを開始していることから、市場の需要は大きく飛躍すると考えられます。

抑制要因

偽造防止パッケージを製造するためには、セットアップや技術革新に高額な費用が必要となります。そのため、新規参入者や潜在的な顧客が偽造防止ソリューションを利用することが難しく、結果として市場の成長が鈍化する可能性があります。また、バーコードやQRコードなどの既存の技術は、適切に認識していないと簡単に複製や偽造ができてしまうため、市場の成長を妨げる要因となります。

市場機会

新興国では、農業、アパレル・衣料、食品・飲料、医薬品などの主要な製造業が高い成長率を示しており、パッケージング企業が事業を拡大するのに最適な環境が整っています。また、これらの地域では、感染拡大時に医薬品やパーソナルケア製品の販売が大幅に拡大しており、今後数年間で偽造防止包装の需要がさらに高まることが予想されます。

課題

偽造品防止包装材メーカーは、これらの技術を使って製品の偽造品を識別する方法について、認識を高める必要があります。偽造者が不正にこれらの機能をコピーできないよう、企業は消費者にこの技術を密かに伝える必要があります。また、ソリューションの開発には多額の投資が必要となり、この点も業界の成長を妨げる要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]