ロケーションアナリティクスの市場規模、2026年に299億米ドル到達予測

ロケーションアナリティクスの市場規模は、2021年の157億米ドルからCAGR13.8%で成長し、2026年には299億米ドルに達すると予測されています。ロケーションアナリティクス業界は、空間データや分析ツールの利用の増加によって牽引されています。さらに、COVID-19対策としてロケーションデータやアナリティクスが利用されていることも、同市場の成長に貢献しています。

COVID-19がロケーションアナリティクス市場に与える影響

COVID-19の影響により、サプライチェーンや市場は停滞し、企業や金融市場に混乱を及ぼしました。COVID-19の発生による消費者行動や経済への影響を把握するために、ロケーションインテリジェンスやアナリティクスの導入が進み、ロケーションアナリティクス市場の成長に好影響を与えています。また、各国政府は、この感染症の発生期間中、社会的距離の保持に注意を払って来ました。例えば、シンガポールでは、携帯電話の位置情報と近接データを利用して、曝露の可能性のある事象を検出するTraceTogetherを開始しました。また、マドリッドでは、携帯電話を使って症状を診断するCorona Madridを導入しました。

推進要因:空間データや分析ツール利用の増加

多くの業種で断片的な位置情報データが大量に利用されるようになったことで、従来のBIツールを使ったデータの相関関係や分析に問題が生じています。企業にとって、地域ごとに変化するビジネストレンドや課題を理解するために、空間データと分析は非常に重要であると考えられており、このデータが市場の成長を促進しています。空間データは、顧客がスペースアサイン関連の問い合わせを解決するのに役立ち、監査や設計レビュー、その他のスペース関連プロジェクトで使用されるデータを提供します。これらの要因により、様々な業種で空間データの使用が増加しています。位置情報分析ソリューションは、膨大な量の空間データの処理を支援し、変化する顧客ニーズ、ビジネストレンド、規制やコンプライアンスに関するリアルタイムの分析を企業に提供します。例えば、小売業では、空間データを利用することで、店舗、商品、需要、好み、顧客タイプなどの関係を、さまざまなパラメータや測定基準で明らかにすることができます。これらのパラメータやメトリクスは、全体的な販売実績に影響を与えます。また、在庫レベルを追跡することで、小売業者は倉庫への配送を効率的に調整し、店舗に適切な在庫を確保することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]