マイクロ射出成形機の市場規模、2026年に6億900万米ドル到達予測

マイクロ射出成形機の市場規模は、2021年の3億8,100万米ドルからCAGR9.8%で成長し、2026年には6億900万米ドルに達すると予測されています。同市場は、自動車分野の成長と医療用途の需要増により牽引されています。医療分野では、ナノテクノロジーや小型化への移行により、医療行為を効率的に行うことができる高精度な金型の需要が高まっています。また、自動車の自動化の進展や電気自動車の導入により、高精度部品の需要が高まっています。マイクロ射出成形機市場は、APAC(アジア太平洋)が最大で、欧州、北米、南米、中東・アフリカが、これに続きます。

COVID-19のマイクロ射出成形機市場への影響

COVID-19パンデミックは、自動車分野にも多くの課題をもたらしました。米国、ドイツ、英国、イタリア、韓国、スペイン、日本などの、自動車関連企業の90%以上が、2020年の売上高に直接影響を受けると報告されています。現在、自動車メーカーの多くが、2021年の乗用車需要により半導体不足に直面しています。半導体チップは主に、タッチスクリーン・ディスプレイから衝突回避システムまで、多くの機能に使用されています。しかし、チップメーカーは、家電やITなどの大口顧客への供給に既にコミットしているため、自動車分野への供給は不足しています。自動車メーカーは、この供給不足のためにすでに生産量を縮小しており、2021年の目標を達成できない可能性を発表しています。マイクロ射出成形機は、自動車産業や医療産業への依存度が高いため、自動車生産台数の減少が、マイクロ射出成形機の需要にマイナスの影響を与えます。

牽引要因:自動車産業の成長がマイクロ射出成形機の需要を喚起

自動車産業の成長は、マイクロ射出成形機市場の主要な牽引要因です。マイクロ射出成形機は、内装ボタンやスイッチ、各種クリップワッシャー、ドアロック部品、ギア、電子モジュール用エンコーダなど、最も重要な部品として多くの自動車内装部品に採用されています。自動車の需要は、中国、インド、韓国、日本でも大幅に増加しており、マイクロ射出成形機のAPAC地域の需要も押し上げると予想されます。

抑制要因:機械の初期費用と維持費の高さ

電動マイクロ射出成形機は、生産効率が高く、ダイナミックサーボモーターによる射出時間の短縮、再現性の高さ、騒音の低減、最高の加速性能などの特徴があります。しかし、全電動式射出成形機は高い技術力を必要とするため、投資コストが高くなります。同時に、メンテナンスコストも高額で、モーターが故障した場合、システム全体を交換する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]