食事代替品の市場規模、2026年に155億米ドル到達予測

食事代替品(ミールリプレイスメント)の市場規模は、2021年の119億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2026年には155億米ドルに達すると予測されています。食事代替品市場は、アジア太平洋地域、南米、アフリカなどの発展途上地域で大きな可能性を秘めています。アジア太平洋地域では、業界の主要企業が事業を拡大していることが、同地域における市場の成長を支えています。また、同地域は人口が多く、健康的な食生活を志向するミレニアル世代が増加していることから、食事代替品の需要が高まっています。さらに、北米や欧州を中心に、オーガニックや植物由来の食事代替品を求める傾向が強まっており、市場関係者に大きな成長機会をもたらしています。

牽引要因:肥満や糖尿病の増加と、健康志向の高い消費者の増加

肥満人口は世界的に増加しており、1975年以降3倍に達しています。肥満は最大の健康問題であり、先進国で最も一般的な問題であったものが、あらゆる所得レベルの国に移行しています。肥満の増加に伴い、個人が減量のための効果的なツールとして食事代替プランを採用しています。肥満は、糖尿病、心血管死亡、脂質異常症、高血圧症などのリスクを高めると言われています。食事の置き換えによる体重管理ソリューションは、他の介入方法と比べてより多くの体重を減らすことができるため、長期的な使用に適しています。さらに、健康的なライフスタイルに関する意識の高まりが、世界の食事代替品市場を牽引すると予測されています。栄養価の高い食事をするために、通常の食事を食事代替品のような便利で簡単なオプションに置き換える傾向が強まっています。

抑制要因:食事代替製品のコスト高

科学技術は、人々が体重や健康全般の管理に役立つ食品を特定するのに役立ちます。いっぽうで、食事代替品は高いコストを伴うため、市場の成長を抑制する可能性があります。通常の食事と比較して、栄養価の高い代替食は、製品の栄養価を高めるために追加の製造工程が必要となるため、コストが高くなります。食事代替品のコスト高は、研究開発やカスタマイズのコストに起因しています。健康への関心の高まりやライフスタイルの変化に伴い、消費者は健康状態全般を改善するために食事代替製品を望んでいます。しかし、食事代替製品は経済性が低いため、市場の成長を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]