抗菌コーティングの市場規模、2026年に64億米ドル到達予測

抗菌コーティングの市場規模は、2021年の39億米ドルからCAGR10.5%で成長し、2026年には64億米ドルに達すると予測されています。抗菌コーティングの需要は、安全と衛生に対する意識の高まり、厳格な規制、産業用途での抗菌コーティングの採用が増加していることに起因しています。

COVID-19による抗菌コーティング市場への影響

COVID-19パンデミックにより、医療・ヘルスケア業界では抗菌コーティングの需要が急速に増加しています。抗菌コーティングは大きな注目を集めており、COVID-19パンデミックの際には、HAI(院内感染)を防ぐために仮設および既存の医療施設に適用されました。予防措置として、ベッド、ハンドル、医療機器、器具、保護具などの接触面に抗菌コーティングを施し、人々の安全を最大限に確保しました。そのため、主に医療・ヘルスケア業界では銀系抗菌剤が好まれていました。

牽引要因:医療・ヘルスケア分野が市場を牽引

最近では、世界の医療・ヘルスケア分野で抗菌コーティングが人気を博しています。これは主に、HAIの蔓延を防ぐための意識の高まりと政府の取り組みによるものです。医療施設では、HAIは死亡率と罹患率の主な原因となっています。米国疾病予防・健康増進局によると、米国では毎年約170万人の患者がHAIに感染しています。このうち、約10万人の患者が感染により死亡し、さらに多くの患者が治療を受ける必要があります。HAIは、医療機器の使用に直接または間接的に関連しており、医療機器を体内に挿入したり、皮膚に穴を開けたりするような治療の際に発生します。

医療機器は細菌の温床となりやすく、従来の抗生物質では洗浄や消毒がほぼ不可能です。予防策として、医療機器メーカーや医療機関は、製品に抗菌コーティングを施すようになりました。これを受けて、欧米諸国の政府もHAIを抑制するための取り組みを進めています。2016年10月、米国保健社会福祉省(HHS)は、全国の急性期病院を対象とした「医療関連感染症を防ぐための全国行動計画」を発表しました。

抑制要因:製品の高コストと高度な技術

抗菌コーティング剤のコストは、従来のコーティング剤に比べて高額です。これに対し、発展途上国では、製品採用において価格が重要視されます。さらに、抗菌コーティング剤の塗布には熟練した労働力が必要であることが、市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]