LiDARの市場規模、2026年に34億米ドル到達予測

LiDARの市場規模は、2021年の13億米ドルからCAGR21.6%で成長し、2026年に34億米ドルに達すると予測されています。UAVでのLiDARシステムの採用が進んでいること、エンジニアリングや建設用途でのLiDARの採用が進んでいること、地理情報システム(GIS)用途でのLiDARの使用、4D LiDARの登場、さまざまな用途での商用ドローンの使用に関連する規制の緩和などが、LiDAR市場の成長を促進する要因となっています。一方、UAV(無人航空機)や自律走行車に関連する安全上の脅威や、低価格で軽量な写真測量システムが容易に入手できることが、市場の成長を抑制しています。自動車大手によるLiDARスタートアップへの投資の増加、長期的なSWIRベースの設計の機会、ソリッドステート、MEMS、フラッシュLiDAR、その他のLiDAR技術の採用による技術シフト、センサーフュージョンを用いたより優れた地理空間ソリューションの開発、大規模調査へのLiDARドローンの使用を奨励するために各国政府が行っている取り組みなどが、LiDAR市場のプレーヤーに成長の機会を提供することが期待されています。一方で、LiDARサービスのコストが高く、地理空間データの入手が限られていることが、LiDAR市場の課題となっています。

COVID-19のLiDAR市場への影響

COVID-19パンデミックは、LiDARメーカーとエンドユーザーの両方に影響を与えています。アプリケーションの中では、探査アプリケーション用のLiDAR市場が最もCOVID-19の影響を受けると予想されます。LiDARの探査アプリケーションには、石油・ガスや鉱業でのLiDARの使用が含まれます。世界各地で実施されているロックダウンによる公共交通機関の規制により、世界的に燃料の消費量が減少しています。その結果、原油価格が下落し、石油・ガス産業が減速から、探査用LiDAR市場に多大な影響が及びました。

牽引要因: UAVでのLiDARシステムの採用拡大

LiDARは、高速のレーザーパルスを利用して地表の地図を作成します。LiDARを搭載したUAVの導入が進んでいることで、手動の測量方法に比べて安価なコストで行うことができる測量アプリケーションに十分な機会を提供しています。UAVの使用が増えたことで、空中に設置されたLiDARを使った測量やマッピングのアプリケーションに拍車がかかっています。無人機に搭載されたLiDARシステムは、携帯性や汎用性に優れているだけでなく、人間が到達できない地形や状況にも対応することができます。そのため、低空での撮影や地形図の作成、測量などの用途で、プロの現場での導入が進んでいます。近年、商業用ドローン業界では、高品質で正確な評価データを取得するために、LiDARが最も重要なツールの一つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]