航空宇宙ロボットの市場規模、2026年に49億米ドル到達予測

航空宇宙ロボットの市場規模は、2021年の29億米ドルからCAGR11.4%で成長し、2026年には49億米ドルに達すると予測されています。同市場は世界的に大きな成長を遂げており、航空機需要と製造量の増加、効率的な航空機製造プロセスのためのロボット使用の増加、航空機の受注残を処理するためのロボット使用の増加、手作業による人件費の増加などの要因が、航空宇宙ロボット市場の成長を促進しています。

COVID-19 の航空宇宙ロボット市場への影響

COVID-19パンデミックによるサプライチェーンの混乱で、渡航規制や労働力不足による輸送関連の遅延が発生し、航空宇宙ロボットの製造に使用される部品や原材料が、すぐに生産できない状況になりました。さらに、生産ラインや組立ラインの稼働率が低下しています。ロボットに関わる政府や企業は、製品の発売、試験の継続、操業の継続など、多くの状況に対して様々な判断を示しています。

推進要因:世界的な航空機需要と製造の増加

世界的な航空旅客輸送量の増加に伴い、各国で新しい航空機の需要が増加しており、航空機製造は世界的に成長すると予想されます。Airbus社やBoeing社などの企業は、COVID-19パンデミック終息後の急速な回復に期待しています。Airbus社は、2021年末までにA320型機ファミリーの生産量を月産45機に引き上げる予定です。2023年の第2四半期には月産64機、2024年には月産70機になるよう、サプライヤーに準備を求めています。また、米国、中国、インド、ロシア、英国が軍事費を増やしているため、軍用機の生産も増加しています。

抑制要因:熟練したオペレーターの不足

産業用ロボットの採用は世界的なメガトレンドであり、同時に、航空宇宙用ロボットの分野も急速に発展しています。航空宇宙ロボット、産業ロボット、サービスロボットが世界的に急成長しています。航空宇宙ロボットの世界供給量は、2012年の15万9,000台から2016年の29万4,000台へと倍増しています。さらに、2018年には42万2,000台のロボット設置に達し、2020年から2022年にかけてCAGR12%の成長が予測されています。

ロボットの操作には、その複雑な機能のために、高度なスキルを持つ従業員が必要です。航空宇宙産業におけるロボットの採用を抑制する主な要因は、ロボット操作に必要なスキルを有する熟練したオペレーターの雇用が困難であることが挙げられます。さらに、ロボットのメンテナンスは容易ではなく、予防的なメンテナンスを行うためには特定のスキルセットが必要となります。オペレーターは、ロボットを動かすことや、ロボットが動作するソフトウェアプログラムの基本的な知識を持つ必要があります。熟練した労働力不足が、ロボットの本格的な採用を困難にしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]