コールドチェーンモニタリングの市場規模、2026年に102億米ドル到達予測

コールドチェーンモニタリングの市場規模は、2021年の47億米ドルからCAGR16.6%で成長し、2026年には102億米ドルに達すると予測されています。これは、医薬品・ヘルスケア用途での利用が拡大していることに起因していると思われます。

COVID-19がコールドチェーンモニタリング市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、2020年の初頭に世界経済全体を直撃し、各国の個人や組織にかつてないほどの混乱と変化をもたらしました。このパンデミックにより、職場の閉鎖および旅行の制限が余儀なくされ、従業員に在宅勤務という選択肢が生まれました。FY20-21の最初の4分の3は、コールドチェーンモニタリング市場の成長が低く、その後、FY20-21の最後の4分の1で回復することが予測されています。

牽引要因:温度感受性の高い医薬品に対する需要の増加

ワクチンなどの温度感受性の高い医薬品や、化学的安定性のために特定の温度範囲に依存する製品の需要が増加しています。国際冷凍協会(IIR)によると、医薬品、ワクチン、インシュリン、血液製剤、がん治療薬など、温度に敏感な健康食品の需要は世界的に増加しており、これらの医薬品の輸送は、コールドチェーンの中で最も重要な段階となります。輸送中の温度変化は医薬品にマイナスの影響を与え、病気を治す力を失い、多くの場合効果のない治療につながってしまいます。医薬品の劣化を防ぐためには、空気の質や温度の範囲など、製品固有の環境に関するパラメータを維持することが重要です。さらに、医薬品のサプライチェーン全体を通して、製品の包装段階でエンドツーエンドの可視性と状態監視を提供することが何よりも重要です。製造された医薬品には、保存期間が短く、厳しい温度要件を持つ高価値の有効成分が含まれているため、サプライチェーン全体を通じた温度管理とモニタリングの必要性が高まっています。コールドチェーンモニタリングおよびトラッキングとは、温度に敏感な製品を、所定の温度範囲で輸送するセンサーを備えた制御装置を指します。

阻害要因:導入コストの高さ

コールドチェーンモニタリングシステムの導入コストは非常に高額です。高価値の荷物を規定の温度範囲内で長距離輸送するには、莫大な投資が必要となり、そのため、冷蔵倉庫や冷蔵輸送に携わる企業は、モニタリングネットワークの構築に費用をかけることにあまり積極的ではありません。特に食品業界の参加者の多くは中小企業であり、この高コストがシステムの導入を妨げる大きな要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]