データ統合の市場規模、2026年に196億米ドル到達予測

データ統合の市場規模は、2021年の116億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2026年には196億米ドルに達すると予測されています。ビッグデータ技術やクラウドコンピューティング技術の台頭、クラウドデータの増加、従来のデータ管理ツールでは対応不可能なことなど、さまざまな要因がデータ統合ソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19のデータ統合市場への影響

COVID-19は、ビジネスオペレーションのダイナミクスを世界的に変化させました。このパンデミックの発生は、業種を問わずビジネスモデルの弱点に光を当て、クラウド、AI、アナリティクス、IoT、ブロックチェーンなどの技術の採用と統合を進め、デジタル化によるビジネス拡大の機会を提供しました。小売業や製造業は、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、業績の大幅な悪化に直面しました。しかし、ワクチンの入手が可能になり、パンデミックをある程度コントロールできるようになったことで、データ統合ソリューションが注目されるようになり、同セクターにおける投資の増加が期待できるようになりました。

推進要因:ビッグデータテクノロジーの台頭

顧客数の増加や新しい地域や市場の拡大に伴い、急速に増加するデータソースに対応するため、企業は多くの課題に直面しています。ビッグデータテクノロジーの登場により、ビッグデータを最大限に導入することのメリットを認識することで、データ統合などのビッグデータテクノロジーへの投資が進んでいます。増え続けるデータソースには、ERP(Enterprise Resource Planning)、CRM(Customer Relationship Management)、各部門の財務トランザクションなどの内部データソースと、Webやクラウドなどの外部データソースがあり、これらがいくつもの情報サイロを形成しています。従来のツールでは、データの取得や統合、情報サイロの結合を行うには不十分になってきているため、企業は、価値あるビジネスインサイトを得るための高度なデータ統合ツールを必要としています。さまざまなベンダーが提供する高度な変換ツールを含む最新のデータ統合ツールは、データキャプチャ、データプロファイリング、データ品質、データガバナンス、メタデータ管理などの高度な機能を備えることで、スムーズで信頼性の高いデータ抽出を実現します。

抑制要因:専門知識の不足

組織では、データ管理やビジネス管理に高度なデータ統合技術を導入して、社内外のさまざまなデータソースから大量のデータを取得・統合し、情報のサイロを結合して価値あるビジネスインサイトを得ることが求められています。しかし、従業員の知識の制約やスキル不足により、データ統合ツールの導入が制限されています。組織はほとんどがサイロ化された状態で仕事をしており、異なる業種やアプリケーションをより広い視野で理解するためには、データ統合の必要性が重要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]