スマート灌漑の市場規模、2026年に23億米ドル到達予測

スマート灌漑の市場規模は、2021年の12億米ドルからCAGR14.9%で成長し、2026年には23億米ドルに達すると予測されています。政府による節水対策の推進により、スマート灌漑システムの導入が急増しています。 これに加えて、スマートシティの拡大と効率的な灌漑システムの必要性、スマート灌漑システムに使用されるセンサーやコントローラーのコスト低下などの要因が、スマート灌漑市場を促進すると予想されます。

COVID-19がスマート灌漑市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、経済のさまざまな分野に混乱をもたらし、農業分野もその影響を受けています。しかし、このパンデミックの明るい兆しとして、農業従事者の間で農業経営にテクノロジーを活用しようという意識が高まっていることが挙げられます。これにより、雨センサー、気候センサー、土壌水分センサー、温度センサー、施肥センサーなどの各種センサーの使用など、現場作業の自動化が可能になります。また、灌漑用のコントローラや水量計などを統合したソリューションは、労働力不足が灌漑管理の妨げになっている発展途上国での採用が進むと考えられます。さらに、灌漑コントローラへのリモートアクセスや、農場からの適切なインプットを得ることが、COVID-19以降のスマート灌漑市場の発展を促すことが考えられます。

牽引要因:スマートシティの成長と灌漑システムへのニーズ

住宅、芝・造園、ゴルフコースなどの非農業用途において、効率的な散水方法や灌漑ソリューションの重要性が高まっていることが、市場の成長を促す大きな要因となっています。スマートシティは、世界の主要地域で進行中のトレンドで、商業施設や居住空間における水の効率的な管理が重視されています。都市化が進むと、コンクリート製のインフラを建設するために緑地が減少します。そのため、緑地のバランスを維持することが重要になり、スマート灌漑コンセプトが活用されています。今後、スマートシティでは、スマート灌漑コントローラの導入が急激に進むと予想されます。水の多くは、従来の灌漑方法やシステムの非効率性に起因する過剰な利用によって浪費されているため、スマート灌漑を採用することは非常に効果的な代替手段となります。このように、スマートシティの成長は、スマート灌漑コントローラ市場に関わるプレイヤーにチャンスをもたらすと期待されています。世界各国の地域では異常気象の影響から、灌漑システムに高い効率性が求められます。高度な土壌センサーと深層Lセンサーを備えたスマート灌漑システムは、従来の灌漑システムと比較して高い効率性を実現できます。先進的な灌漑システムへのニーズも、スマート灌漑システム市場の成長を後押しする要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]