リキッドバイオプシーの市場規模、2026年に58億米ドル到達予測

リキッドバイオプシーの市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR18.1%で成長し、2026年には58億米ドルに達すると予測されています。市場を牽引しているのは、がんの発生率と有病率の上昇、および非侵襲的な治療法への嗜好の高まりです。

リキッドバイオプシー市場におけるOVID-19の影響

COVID-19患者の入院増加によるプレッシャーから、COVID-19患者の治療にリソースがさかれ、腫瘍クリニックを含む多くの病院や診療科が再編成されました。その結果、230万件ものがん手術を含め、世界中で多くのスクリーニング、診断、治療などが、中止または延期されています。

その後、各国の移動制限が徐々に緩和され、検査件数の回復が見られるようになりました。COVID-19パンデミック状況下における、増加するがん罹患率への対応は、喫緊の医療課題となっています。COVID-19に罹患した患者の中には、悪性腫瘍を患っている人もいることから、がんがCOVID-19の危険因子であるとも考えられています。感染症の動態をより深く理解するためにこの分野の研究が行われており、同時にがん研究分野を推進し、リキッドバイオプシー製品の需要がさらに高まることが期待されています。

牽引要因:がんの発生率と有病率の上昇

世界的に、がん患者の数が大幅に増加しています。がんの罹患率の上昇は、環境要因、タバコの消費、B型肝炎やC型肝炎などの感染症、ライフスタイルの変化など、いくつかの要因に起因しています。WHOによると、がんは世界の死亡原因の第2位となっています。国際がん研究機関(IARC)は、2020年には、がんの患者数が1,930万人、がんによる死亡者数が996万人に増加するとの結果を示しています。リキッドバイオプシーは、従来のがん診断技術と比較して、コスト削減、早期予後、治療モニタリング、腫瘍の不均一性や薬剤耐性の検出、手術の必要性がないことによる患者の快適性など、いくつかの利点があります。その結果、がんの罹患率の増加に比例して、リキッドバイオプシーの使用率が上昇すると予測されます。

阻害要因:特定のリキッドバイオプシーの感度の低さ

リキッドバイオプシーでctDNAを検出することは、技術的に困難です。なぜなら、特に治療や手術の後のがん患者の血漿中では、任意のがん変異のctDNAのレベルは非常に低い可能性があるからです。血漿中にctDNAが存在していても、低レベルであるために、患者のサンプルではctDNAが検出されないことがあり、偽陰性の結果となり、リキッドバイオプシーによるがん検査の情報価値に影響を与えます。場合によっては、偽陰性のために、腫瘍の再発が早期に発見できないこともあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]