デジタルトランスフォーメーションの市場規模、2026年に1兆2,475億米ドル到達予測

デジタルトランスフォーメーションの市場規模は、2021年の5,215億米ドルからCAGR19.1%で成長し、2026年には1兆2,475億米ドルに達すると予測されています。企業によるマーケティングや広告活動への支出の増加、市場を牽引するカスタマーインテリジェンスの状況変化、顧客チャネルの急増など、さまざまな要因がデジタルトランスフォーメーション技術やサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19がデジタルトランスフォーメーション市場に与える影響

COVID-19は、ビジネスオペレーションのダイナミクスを世界的に変化させました。このパンデミックの発生は、業種を問わずビジネスモデルの弱点に光を当て、クラウド、AI、アナリティクス、IoT、ブロックチェーンなどのテクノロジーの導入や統合が進んだことで、デジタル化やビジネス拡大の機会を提供しました。小売業や製造業は、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、業績の大幅な悪化に直面しました。しかし、ワクチンの入手が可能になり、パンデミックの抑制が進んだことで、デジタルトランスフォーメーションソリューションがさまざまなビジネス機能で目立つようになり、今後の投資が増加することが予想されます。

推進要因:デジタルイニシアチブの採用と拡大

産業界の大幅な変革には、プログラムを全面的に展開する必要があり、規模の拡大にも、全社的な業務手順の再構築が必要となります。対面でのコミュニケーションなど、従来のチャネルが引き続き重要であることは言うまでもありませんが、オンラインでの存在感が高まるにつれ、起こりうる問題に対処しなければなりません。デジタル化プロジェクトで最も困難なのは、導入と拡張の段階です。産業界の企業が繁栄するためには、ドメイン、バリューレバー、ソリューション、ユースケースの優先順位を常に見直す必要があり、AIによる自動化は、航空、医療、農業、エネルギー、マテリアルハンドリングなど、さまざまな業界のアプリケーションで有用であることがわかっています。AIは、作業の自動化だけでなく、機器の故障診断や製品の異常検知にも活用されています。例えば、航空業界では、AIやMLを利用して、旅行のピーク時間の予測、乗客のチェックインの支援、定期的なメンテナンス作業の自動化などを行うことができます。

抑制要因:データセキュリティへの懸念

デジタルトランスフォーメーションソリューションのバックボーンであるデータの管理は、多くの組織が困難に感じている課題です。エクサバイト、ペタバイト単位のデータを非効率的に管理することで、セキュリティ侵害やデータ損失の可能性が高まっています。また、組織のデータは、スマートフォン、タブレット、ファブレット、ラップトップなどのBYODデバイスの助けを借りて、外出先から簡単にアクセスすることができます。ミドルウェア・アプリケーションは、これらのデバイスをポータブルにすることで、物理的なコントロールの喪失やネットワーク・セキュリティの侵害に対して脆弱になります。ポータブルデバイスを使用すると、あらゆるシステムとの間でネットワークベースの攻撃を受け、データが失われたり、データやデバイスが露出したりするリスクが高まります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]