レーザー干渉計の市場規模、2026年に3億3,500万米ドル到達予測

レーザー干渉計の市場規模は、2021年の2億4,500万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2026年には3億3,500万米ドルに達すると予測されています。レーザー干渉計は、実在する2つの物体間の距離を正確に測定するために使用される、最も重要な測定ツールの1つです。多くの干渉計は、1つの光源からのレーザーが、異なる光路を通る2つのビームに分割され、それらが組み合わされることで干渉を生じさせます。レーザー干渉計は、超精密機械加工や超精密位置制御、非接触光学センサーなどに使用されています。

COVID-19がレーザー干渉計市場に与える影響

レーザー干渉計の製造企業は、COVID-19の封じ込め対策により多大な影響を受けました。このパンデミックにより、企業は製造工程の縮小や停止を余儀なくされ、産業分野の生産に急速な影響を与えています。COVID-19危機が続く中、工業製品を提供する多くのグローバル企業は、サプライチェーンの混乱、材料費や生産コストの上昇、労働力不足などにより、収益の損失や生産の停止などの課題に直面しています。このパンデミックは、短期的にはレーザー干渉計市場の成長にマイナスの影響を与えています。

牽引

3D計測は、統計的サンプリングによって品質を管理できる製品の、生産工程における計測の可視化を行う計測モデリングに利用できます。精密検査のために製品を適切に定義するには、大量の3Dデータが必要となります。3Dモデリングは、航空宇宙・防衛、自動車、重機、医療、エレクトロニクス、エネルギー・電力などの主要産業で使用されています。3Dオブジェクトから作成される3Dモデルは、インテリジェントなデータモデルとデータ統合用ツールで統合された画像測定機(VMM)や三次元測定機(CMM)などの光学測定システムで生成されたデータポイントの集合体です。レーザー干渉計は、信頼性が高く、迅速かつ正確な方法で変位やその他の測定に使用され、3D計測において重要な役割を果たします。様々な業界で3D計測の需要が高まっていることが、レーザー干渉計市場の成長を促進すると予想されています。

制約

測定および校正ツールのセットアップにはコストがかかるため、ビジネスプランに見合った目標ROIの達成は困難です。多様な種類の測定には、高価な測定器が必要です。計測エコシステムの消費者は、通常、費用対効果が高く、技術的に先進的な計測機器を選択します。高度な仕様や機能への要求およびアプリケーションの増加により、技術者やメーカーは既存の技術を広範囲に渡ってアップグレードせざるを得なくなっています。レーザー干渉計市場では、測定やテストのプロセスにおいて、資格を持ったオペレーターが必要であり、それに伴う高い人件費が課題となっています。また、干渉計のデザイン、機能、複雑さが頻繁に変更されると、製造プロセスが変更され、結果として計測機器の価格が変動することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]