航空宇宙用3Dプリンティングの市場規模、2026年に47億米ドル到達予測

航空宇宙用3Dプリンティングの市場規模は、2021年の19億米ドルからCAGR19.4%で成長し、2026年には47億米ドルに達すると予測されています。航空宇宙用3Dプリンティングの需要は、航空宇宙産業における航空機部品の少量生産、軽量部品の需要の高まり、部品の生産時間短縮の必要性、コスト効率の高い持続可能な製品への要求などが背景にあると考えられます。また、ラピッドプロトタイピングへの要求が、今後の同市場の成長を促進すると予想されます。

COVID-19の航空機市場における影響

COVID-19は、ほぼすべての産業、中でも航空宇宙産業に多大な影響を与えました。航空機を製造するための需要が即座に減少し、原材料供給の混乱が産業に悪影響を及ぼしています。また、国境を越えた移動の制限、製造・輸送の混乱、供給遅延の引き金となるサプライチェーンの制約、2020年第1四半期にかけての生産の大規模な減速なども同業界に影響を与えています。

民間航空会社では、労働者の不足、乗客の減少、新しい航空機の納入の延期などにより、生産の中断や需要の低迷を経験しています。また、メンテナンスの必要性が減ることで、スペアパーツの需要も減少しています。ボーイング社の2019年第2四半期報告書によると、2019年上半期(H1)の売上高は2018年上半期と比較して19%減、同時期の民間航空機の納入台数は37%減となっています。

牽引要因:航空宇宙産業からの軽量部品・コンポーネントの需要

航空機、ロケット、人工衛星、およびそれらの関連部品はそれぞれが重く、その運用コストを増加させます。重い航空機は、より多くの燃料を消費し、二酸化炭素の大量排出による環境汚染の面でも追加コストが発生します。航空会社の総コストのうち、燃料費は約35%を占めると言われています。3Dプリントは、航空機のエンジン部品、機体部品、その他の関連部品の製造に利用できます。例えば、Airbus Groupは、DMLS 3Dプリンティング技術を用いて、Airbus A320に搭載されている改良型ナセルヒンジブラケットを製造しています。これにより、航空機の部品の強度と性能を維持したまま、30〜50%の軽量化を実現しました。この技術を使用することで、航空機の重量を10Kg減らす事を実現しました。

宇宙ミッションでは、重量が部品の製造コストに直結するため、物理的な重量が少ない衛星が優先されます。例えば、衛星の部品の重量が1kgであれば、衛星メーカーが軌道に乗せるためには約2万1,000米ドルのコストがかかります。Materialise NV(ベルギー)は、従来の製造方法ではなく、3Dプリントを用いて66%軽量化されたチタン部品を製造しました。2021年5月、NASAは、3Dプリント、特に金属積層造形技術を向上させるために、同社のRDT(Robotic Deposition Technology)チームと、アメリカのロケット・ミサイル推進メーカーであるAerojet Rocketdyne社との提携を発表しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]