複合材料の市場規模、2026年に1,263億米ドル到達予測

複合材料の市場規模は、2021年の880億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2026年には1,263億米ドルに達すると予測されています。複合材料市場は、風力発電、航空宇宙・防衛、自動車・輸送業界での需要の高まりにより成長しています。 一方、COVID-19の影響により、多くの産業の売上が減少し、複合材料の需要が減少しています。

COVID-19が複合材料市場に与える影響

COVID-19は、様々な最終用途産業からの需要が減少したことにより、世界全体の複合材料の需要にマイナスの影響を与えています。航空宇宙・防衛分野は、複合材料の主要な産業の一つであり、パンデミックの影響を最も顕著に受けています。航空業界は、国内外の国境の閉鎖により、最悪の事態に直面しています。このことは、複合材料の需要に大きな影響を与えています。

牽引要因:COVID-19後の市場への政府の景気刺激策

経済への悪影響を最小限に抑えるためには、感染を食い止めることが重要です。各国は、ウイルスの拡散を抑え、個人消費を支援し、経済活動を活性化させるために様々な措置を発表しています。COVID-19の影響を最初に受けた国である中国は、伝染病予防、医療機器の生産、保険金の支払い、税金の軽減などのために、1,800億米ドルの金融刺激策を発表しました。また、政府は、零細・中小企業を支援するため、銀行システムへの4300億米ドルの流動性注入を発表しました。また、国内のビジネス活動を支援するための措置として、レポレートやレポートレートの引き下げも実行しました。

抑制要因:製造技術の標準化の欠如

製造コストと非経常的な開発コストが、スポーツ用品、船舶、消費財などのいくつかの用途における複合材料の普及を制限しています。設計の一貫性、プロセスの標準化、メンテナンス技術が大きな問題となっています。材料や方法論が標準化されていないため、メーカーは保守的な設計を検討せざるを得ず、自動車や航空機の大量生産や経済性の向上に支障をきたしています。さらに、複合材料に関するトレーニングや経験を積んだ人材が限られていることも、複合材料の応用の妨げとなっています。

市場機会:新興国での需要拡大

従来、ガラス繊維や炭素繊維の複合材料産業は、日本、北米、欧州に集中していました。しかし、近年では、アジア太平洋地域やその他の地域の新興国へのシフトが顕著になっています。例えば、インド、ブラジル、中国などでは、格安航空会社の需要が旺盛なため、航空宇宙、風力発電、輸送分野でガラス繊維・炭素繊維複合材料の需要が増加しています。中国をはじめとする各国は、ガラス繊維・炭素繊維複合材料に関わる研究プロジェクトを数多く立ち上げており、その急速な工業化が需要の増加に対応していると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]