経営上の意思決定管理の市場規模、2026年に90億米ドル到達予測

経営上の意思決定管理の市場規模は、2021年の48億米ドルからCAGR13.5%で成長し、2026年には90億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、意思決定の質を向上させビジネスの俊敏性を実現するニーズ、業務上の意思決定を迅速化してプロセス効率を向上させるニーズ、規制やコンプライアンス基準を管理する必要性などに起因しています。

経営意思決定市場は、市場全体に多数のプレイヤーが存在するため、断片的な市場となっています。BFSI、IT・通信、製造、小売・消費財、政府機関、ヘルスケア・ライフサイエンス、エネルギー・ユーティリティ、輸送・物流、その他(教育、メディア・エンターテインメント)など、さまざまな業種の大企業や中小企業において、クラウドやデジタルトランスフォーメーションの採用が進んでいることが、管理会計ソフトウェアソリューションやサービスの導入を促進する主な要因となっています。APAC(アジア太平洋)とMEA(中東・アフリカ)の発展途上国は、ベンダーに多くの市場機会を提供することが期待できます。

COVID-19による経営意思決定市場への影響分析

パンデミックは、経営意思決定市場にプラスの影響を与えています。COVID-19パンデミックとリモートワーク環境の普及は、企業が克服すべき新たな複雑な障壁を生み出しています。多様な企業がデジタル技術を導入し、意思決定の質を向上させ、経営意思決定ソフトウェアソリューションやサービスを活用する必要性が高まっており、同市場の成長が、組織内の戦略的意思決定をサポートしています。

推進要因:意思決定の質を向上させ、ビジネスの俊敏性を実現

企業は多くの場合、継続的なプロセスで業務の改善を行っています。ビジネスにおける意思決定は、企業への全体的な影響に応じて、数時間、数日、あるいは数ヶ月かかることがあります。時間的な余裕に加えて、企業は常に意思決定の繰り返しに対処しなければなりません。そのため、ビジネス意思決定管理ソフトウェアは、繰り返される意思決定に関連する問題の一部をカットすることができます。これにより、経営者をはじめとする意思決定者は、より効率的なシステムに頼ることができるようになります。日々行われる、多くの複雑な意思決定のすべてが、複数のルールとデータソースに依存しています。また、法的要件や市場の状況が流動的であるため、意思決定のロジックは頻繁に変更されます。意思決定管理システムは、意思決定ロジックをビジネスユニットに適応させることで、企業のより機敏な対応を可能にします。これにより、変更の決断の際に、専用のITプロジェクトやそれに伴う複雑な承認プロセスの必要がなくなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]