スマートおむつの市場規模、2026年に15億3,100万米ドル到達予測

スマートおむつの市場規模は、2021年の6億4,600万米ドルからCAGR18.8%で成長し、2026年には15億3,100万米ドルに達すると予測されています。発展途上国における技術の進歩や、一人当たりの所得の世界規模での増加が、今後のスマートおむつの需要を促進すると予想されます。

COVID-19 のスマートおむつ市場への影響

COVID-19パンデミックの、スマートおむつ市場への影響は国によって異なるものでしたが、社会保護や医療インフラを通じた対応が成されました。最もその影響を受けたのは、貧しく、経済的・社会的に脆弱な消費者でした。

企業がサプライチェーン問題や労働力不足に対処する中、商品価格は上昇しました。パンパースを製造する、米国の紙おむつの大手メーカーであるProcter & Gambleは、2020年4月、商品価格上昇の影響に対処するため、紙おむつなどのベビーケア用品を値上げすると発表しました。

HuggiesおよびPull-Upsのブランドを持つKimberly-Clarkは、2020年3月に消費者向け商品の同様の値上げを発表しました。これは、商品コストの大幅な上昇を相殺するために2021年5月まで実施されました。

低所得者層にとっては、おむつのような生活必需品の値上げは、家計に大きな影響を与えます。中には、紙おむつなどの生活必需品の購入費用を、政府の援助に頼っている家庭もあります。

牽引要因:個人の衛生に対する意識の高まり

衛生とは、個人の健康を維持し、感染症の拡大を防ぐための状況や習慣を指します。例えば、ユニセフが示すように、2015年以降、必須衛生管理へのアドミタンスを持つ人口は、50億人から55億人に、毎日30万人のペースで増加しています。スマートおむつは、赤ちゃんや大人の健康状態を把握するために使用される個人用衛生用品です。おむつを交換するタイミングを介護者に知らせることで、濡れたおむつをすぐに取り除き、最終的に個人の衛生状態や肌の健康を向上させます。

抑制要因・発展途上国での普及率の低さ

スマートおむつセンサーのような医療機器の調達やメンテナンスなど、医療への支出は、高齢者人口、一人当たりの可処分所得、ライフスタイルなどの要因に依存します。発展途上国は、先進国ほど経済力がなく、一人当たりの所得が低いため、医療に多くの支出をすることは困難です。

IoTベースの医療機器やセンサーなどの高度な医療技術には、安定したインターネット接続が必要です。途上国でのインターネットの普及率や導入率は先進国よりも低いため、発展途上国の人口の多くは、スマートおむつセンサーのような医療機器へのアクセスができません。経済状況や技術の普及状況が悪いことで、発展途上国でのスマートおむつセンサーのアクセス性が低下し、同市場の成長を制限することになります。

市場機会:スマートおむつ市場における技術革新の進展

スマートおむつは、Kimberly-Clarkが2018年10月におむつのブランド Huggies で初めて発売した比較的新しい商品です。同社は、赤ちゃんの排便を親にメールするBluetoothセンサーの発明を集結させました。米国でスマートおむつを製品として市場に投入した大手企業はハギーズが初めてですが、スマートおむつの開発は同社だけではありません。2019年、パンパースはBluetoothセンサーを強化したスマートおむつのラインナップを発売しており、2021年には、マサチューセッツ工科大学の研究者が水分センサーRFIDタグを埋め込んだスマートおむつを開発しました。この技術はまだ完全に商業化されていませんが、スマートおむつの成長に新たな機会をもたらすと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]