データ収集(DAQ)システムの市場規模、2026年に23億米ドル到達予測

データ収集(DAQ)システムの市場規模は、2021年の17億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2026年には23億米ドルに達すると予測されています。エンドユーザー分野におけるデータモニタリングの重要性の高まり、インダストリー4.0の導入の増加、5Gの導入などの高速接続技術への需要の高まりが、データ収集システム市場の成長を促進しています。さらに、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、電力・エネルギー、その他の分野でのデータ収集ソリューションの採用が増加していることも、近い将来、同市場の需要を押し上げる要因になると考えられます。

COVID-19データ収集システム市場への影響

2020年、主要経済国の政府がCOVID-19の拡散を抑制するためにロックダウンを実施したため、データ収集システム市場は縮小しました。DAQシステムソリューションの主な対象分野は、航空宇宙・防衛、および自動車・輸送です。米国、中国、日本、韓国を含む多くの国が、このパンデミックにより、2020年に数週間、自動車の生産を停止し、中国の部品輸出、欧州各地での製造中断、米国の組立工場にも影響が及びました。企業は、感染のリスクを減らすために厳格なプロトコルに従うことを目指しており、通常の生産レベルに戻り、車両在庫の再構築を開始することが困難になっています。航空宇宙・防衛分野でも、大幅な減少が見られ、2020年の4月から6月の間に25社以上の航空会社が破産を申請しました。これらの要因が、パンデミック時のデータ収集システム市場の需要に影響を与えています。

これに加えて、COVID-19の蔓延による経済活動の低下は、各国の電力・エネルギー、無線通信、インフラ、建設の需要と供給パターンに変化をもたらしました。その後、中国、インド、米国、ドイツなどではロックダウンが緩和され、多くの国でワクチンが展開されていることから、製造業は今後数ヶ月のうちに徐々にペースを取り戻し、データ収集システム市場も2021年末までに回復すると予想されています。

牽引要因:エンドユーザー分野におけるデータモニタリングの重要性の高まり

航空宇宙・防衛、政府、エネルギー、自動車などの分野では、データモニタリングによってオペレーションの質が向上し、生産段階での障害の早期発見が可能になります。さらに、データモニタリングは、人の介入を最小限に抑えて機器の運用効率を向上させます。また、エネルギー分野では、太陽光発電、風力タービン、その他の発電機器などの資産の性能評価に役立ちます。さらに、航空宇宙産業では、飛行空力特性の分析や、エンジンやその他の航空機部品の設計・安全パラメータの検証に役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]