成長する乳製品産業における加工機器の市場規模、2026年に128億米ドル到達予測

乳製品の加工機器の市場規模は、2021年の96億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2026年には128億米ドルに達すると予測されています。同市場は、牛乳やその他の乳製品の生産量や消費量の増加、乳製品製造の自動化の進展などにより、成長の可能性を秘めています。

COVID-19の乳製品加工機器市場への影響

乳製品加工機器市場には、Tetra Laval、GEA Group、SPX Flow、IMA、The Krones Groupなどの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれています。これらのグループは、アジア太平洋地域、欧州、北米、南米、その他の国に製造施設と供給を広げています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えましたが、乳製品処理機器のグローバルオペレーションとサプライチェーンには大きな影響はありませんでした。プレーヤーの複数の製造施設は現在も稼働しています。

牽引要因:乳製品の需要拡大

健康や栄養面で優れた利点から、乳製品に対する需要が高まっており、乳製品加工機器市場も成長を続けています。乳製品加工会社は現在、低脂肪、オーガニック、栄養強化の乳製品をターゲットにしており、これには高度な乳製品加工機械を必要とします。Tetra Pak Global社の乳製品指標によると、牛乳、チーズ、バターなどの製品の消費量は2014年から2024年にかけて36%増加し、2024年には液体乳換算で7億1,000万トンを超えると予想されています。乳製品の需要増加は、主にインド、中国、南米諸国などの新興国で見られ、同地域の人口増加、都市化、可処分所得の増加、冷蔵輸送・保管などのコールドチェーン施設の出現と近代化によって促進されています。中国では、乳製品の消費量が引き続き堅調に推移すると予想されており、IFCN(International Farm Comparison Network)は、同地域の乳製品需要が2015年の液体ミルク4,300万トンから2024年には42%増の6,100万トンに達すると予測しています。このように、乳製品の需要拡大が乳製品加工機器市場を牽引しています。

抑制要因:エネルギーコストの上昇

加工機器の稼働に必要な電力やエネルギーのコストが継続的に上昇していることが、乳製品加工機器市場の主な抑制要因となっています。乳製品産業は急激に成長しており、加工業では工場を稼働させるために大量のエネルギーを必要とし、同時に、冷蔵、照明、その他の機械的プロセスにもエネルギーを必要とします。さらに、乳製品の加工では、低温殺菌や蒸発などのプロセスに熱エネルギーが必要です。低温殺菌は、他の処理装置と比較して、電気やその他の燃料の形で大量のエネルギーを消費します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]