スマートウォーターマネジメントの市場規模、2026年に224億米ドル到達予測

スマートウォーターマネジメントの市場規模は、2021年の138億米ドルからCAGR10.1%で成長し、2026年には224億米ドルに達すると予測されています。これは、水道事業者に対する高品質で継続的な水供給の要望、スマートなソリューションを実現するための先進技術の導入、持続可能な生活への関心の高まり、各国政府による水の消費量削減に向けた規制、水処理ソリューションの開発などに起因しています。

COVID-19によるスマートウォーターマネジメント市場への影響

COVID-19の状況下で、IT・通信部門はデジタルインフラを支えるために重要な役割を果たしてきました。連邦政府、州政府、中央政府、地方政府、州レベルにかかわらず、すべての個人や政府が相互に連絡を取り合い、COVID-19に関する情報をリアルタイムに提供・入手してきました。現在、医療、電気通信、公共事業、政府の各部門は、すべての人に必要なサービスを提供するために継続的に機能に注力しています。COVID-19の感染者は日々増加しており、COVID-19は、個人のみならず、あらゆる規模の企業、世界経済に影響を与えています。

牽引要因:天然の水資源を管理するためのアプローチの必要性

人口増加、経済発展、都市化の進展、一人当たりの食料消費量の増加などの要因により、水資源の需要増加への対応が世界的な課題となっています。国連の、世界水開発報告書2021によると、20億人以上の人々が水ストレスのある地域に住んでおり、世界人口の45%に相当する約34億人が安全な衛生施設を利用できない状況にあります。また、世界の水不足は2030年には40%に達すると報告しています。需要の増加と限られた水資源の状況下で、従来の水管理システムでは、良質の水を十分な量供給することができなくなっています。また、既存の水源が過剰に利用されたり、誤った方法で管理されたりしているため、水道事業者は、NRW(Non-Revenue Water)の損失、水の汚染、水の供給などの問題に直面しています。このような状況から、利用可能な水資源を効率的に活用し、持続可能なアプローチをとるために、革新的なソリューションを検討する必要があります。

抑制要因:デジタル技術を持った人材の不足

2017年にEnergy & Utility Skills社が発表したWorkforce Renewal and Skills Strategyによると、水道事業では今後10年間で22万1,000人の労働者が不足すると予想されています。その理由は、労働者の高齢化、労働市場の逼迫、労働者の技術スキルの不足です。スマートネットワークやIoTなどの技術があらゆるレベルで公益事業分野に取り入れられたことで、新規・既存を問わず、水道事業の労働力のすべてのメンバーのスキルアップが求められています。テクノロジー全盛の時代にあって、水道事業ではデジタル技術に長けた人材が不足していることが大きな障害となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]