特定タンパク質の検出手法、ウェスタンブロッティングの市場規模、2026年には14億米ドル到達予測

特定タンパク質の検出手法、ウェスタンブロッティングの市場規模は、2021年の10億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2026年には14億米ドルに達すると予測されています。技術の進歩、生物医学研究分野における政府の資金援助の増加、個別化医療への需要の高まり、HIVの有病率の上昇などが市場成長の主な要因です。

COVID-19がウェスタンブロッティング市場に与える影響

COVID-19の大流行により、感染のダイナミクスの理解に向けた研究活動が活発化しています。パンデミックの影響で、企業は感染症の検査や追跡のための事業を拡大しています。これは、NGSおよびPCR市場で事業を展開する企業にとって、利益拡大のチャンスとなります。COVID-19、神経生物学、腫瘍学の研究に対する需要の変化により、研究者や研究所向けのウェスタンブロッティング、フローサイトメトリー、ELISA、薬剤などの検査ソリューションに大きな市場機会が生まれています。関連技術への需要のシフトにより、市場の主要プレイヤーは、製造能力を高め、COVID-19に関連した必需品のサプライチェーン戦略に注力しています。

例えば、2020年10月、Bio-Techne Corporation(米国)は、自動ウェスタンブロットシステムJessおよびSimple Western用のSARS-CoV-2マルチアンチゲン血清検査モジュールを発売しました。この新しい血清学アッセイは、複数のSARS-CoV-2抗原に対するヒトの免疫反応を迅速に特徴づけることで、COVID-19の研究とワクチン開発を加速します。また、2020年7月、LI-COR Biosciences社(米国)は、SARS-CoV-2やその他のウイルスの理解を深めるための製品、ツール、サービスでウイルス学研究者を支援しました。同社の近赤外(NIR)ウエスタンブロットとインセルウエスタンアッセイは、SARS-CoV-2などのウイルス研究の鍵となる様々なアッセイの答えを得るため、高品質で信頼性の高い手段を提供しています。

牽引要因:市場における技術の進歩

近年、ウェスタンブロッティング市場では、大手企業による新製品の発売が目立っています。これらの製品は、ウェスタンブロッティングの精度と効率を高め、処理時間を短縮するために開発されています。代表的な企業としては、Thermo Fisher Scientific, Inc. (米国)、Bio-Techne Corporation (米国)、Azure Biosystems, Inc. (米国)などの大手企業が、ここ数年でいくつかの次世代ウェスタンブロッティング装置を発表しています。新たに発売された製品による企業ポートフォリオの充実は、参入企業の売上を増加させ、同市場の成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]