ブロックチェーンの市場規模、2026年に674億米ドル到達予測

ブロックチェーンの市場規模は、2021年の49億米ドルからCAGR68.4%で成長し、2026年には674億米ドルに達すると予測されています。ブロックチェーン市場の高い成長率に寄与する要因には、ベンチャーキャピタルからの資金提供やブロックチェーン技術への投資の増加、銀行業務やサイバーセキュリティにおけるブロックチェーンソリューションの広範な利用、決済、スマートコントラクト、デジタルアイデンティティに対するブロックチェーンソリューションの高い採用率、政府の取り組みの高まりなどが挙げられます。

COVID-19によるブロックチェーン市場への影響

COVID-19パンデミックは、個人や企業を含む社会のあらゆるセグメントに影響を与えています。インターネットのエコシステムは、世界中で極めて重要な役割を果たしています。COVID-19パンデミックの影響で、オンラインビジネスへの依存度が大幅に高まっています。BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造業、小売業、運輸・物流などが、インターネットを活用して消費者に必要なサービスを提供しています。ベンダーは、ブロックチェーンシステムの需要の高まりを実感しています。COVID-19パンデミックの危機の中、多くの政府や規制当局は、官民双方の企業に対して、在宅勤務や社会的距離の維持といった新しい慣行を取り入れることを義務付けました。それ以来、デジタルな方法でビジネスを行い、ホームサーバーで電子メールを使用することが、組織の新しい事業継続計画(BCP)となりました。世界中でモバイルデバイスが普及し、インターネットが普及したことで、個人によるブロックチェーンの利用が進みました。このようなトレンドの変化とIT環境の分散化により、組織はプライバシーに関する懸念にさらされるようになり、ブロックチェーンソリューションの需要がさらに高まっています。

推進要因:ベンチャーキャピタルの資金調達とブロックチェーン技術への投資の増加

ブロックチェーン技術は、ビットコインの登場後にブームを経験し、すでに様々な金融機関で取引の遂行に利用されています。ブロックチェーン技術ソリューションの採用は、ここ2-3年の間に、決済、取引所、スマートコントラクト、ドキュメンテーション、デジタルアイデンティティなどのビジネスアプリケーションで多大な人気を獲得しています。多くの新興企業がこの市場に参入し、ブロックチェーン技術ソリューションの開発を始めています。新興企業には、Auxesis Group、Blockpoint、SpinSys、Symbiont、Bitfury、Confirm、Genomes、Neufund、Fetch.AI、CiveQ、QubiTechなどがあります。ベンチャーキャピタルのブロックチェーン技術への投資額は、2018年に3倍になりました。2018年は、ブロックチェーンと暗号通貨の両方の歴史において重要な年となり、スタートアップレベルといくつかの業界のトッププレイヤーの両方でプロジェクトが定期的に発表されました。ベンチャーキャピタルの関心と資本投資は過去最高の水準に達し、Boost VCやNode CapitalのようなオーダーメイドのブロックチェーンVC企業の設立にもつながりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]