自動車用燃料タンクの市場規模、2026年に213億米ドル到達予測

自動車用燃料タンクの市場規模は、2021年の166億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には213億米ドルに達すると予測されています。燃料タンク需要の拡大、自動車生産台数の増加、急速な都市化、燃料効率が高く航続距離が長い軽量車両の開発に対する投資の増加などの要因が、自動車用燃料タンク市場の需要を押し上げると予想されます。

COVID-19の自動車用燃料タンク市場への影響

世界経済の構築に重要な役割を果たしている自動車産業は、COVID-19の発生により、2020年の第2四半期から第3四半期にかけて、サプライチェーン全体が世界規模で混乱した結果、2020年のLDVとHDVを含む自動車生産台数は19.6%の減少となりました。世界各地の製造拠点が閉鎖され、自動車産業の回復時期が不透明になっています。自動車業界は、この混乱の中で、自動車部品の供給制限、新車販売の減少、生産設備の停止、運転資金の減少という4つの大きな課題に直面しました。自動車用燃料タンク市場は自動車の生産に依存しているため、同様に影響を受けることが予想されます。一方、乗用車、LCV、HCVの需要が伸びることから、2021年後半には回復の勢いを取り戻す可能性があります。さらに、2輪車の販売台数の増加が、2輪車用燃料タンク市場を牽引することが期待されます。

牽引要因:自動車生産台数の増加

自動車業界では、ここ数年自動車の生産と販売が順調に伸びています。Organization Internationale des Constructeurs d’Automobiles(OICA)によると、2019年の世界の自動車生産台数は9,220万台と推定されています。自動車生産台数の増加は、人口の増加、社会経済状況の改善、経済成長、インフラの整備などに起因します。また、インドやメキシコなどの発展途上国を中心とした中産階級の可処分所得の増加も、自動車生産台数と需要の増加に寄与しています。さらに、個人での移動を好む傾向や、費用対効果の高い移動手段であることから、2輪車の需要も増加しています。

抑制要因:電気自動車の生産台数増加の影響

燃料タンク市場の主な抑制要因は、電気自動車への市場のシフトが挙げられます。また、ゼロエミッション車への需要の高まりは、将来的に電気自動車の販売を促進すると考えられます。電気自動車技術への対価は、時が経つにつれて手頃な価格になってきており、政府による税制上の補助金やその他のインセンティブの提供が電気自動車の導入を促進しています。環境に優しい自動車を普及させるために、政府からの税還付や補助金などの財政支援や規制が大幅に増加したことで、電気自動車の普及率が高まっています。さらに、バッテリーや充電技術の向上とバッテリー価格の低下が電気自動車の需要を喚起しています。この点から、電気自動車の生産・販売の増加は、自動車用燃料タンク市場の減少につながる可能性があります。現在のところ、これらの要因が燃料タンク市場に与える影響は無視できる程度かもしれません。しかし、将来的には、燃料タンク市場に大きな影響を与えることが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]