高周波トランスの市場規模、2026年に23億米ドル到達予測

高周波トランスの市場規模は、2021年の17億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には23億米ドルに達する予測されています。高周波トランスの需要を促進する主な要因は、家電、自動車、製造、IT・通信、軍事・防衛の各分野で、IIoT、ファクトリーオートメーション、5G、クラウドコンピューティングなどの先進技術の導入が挙げられます。2021年から2026年にかけては、家電製品や自動車の垂直市場における電子機器の小型化および小型フォームファクタ部品の増加傾向が、高周波トランス市場の成長を牽引すると予測されます。一方、原材料の価格が上昇し、高周波トランスの最終価格に連鎖的に影響を及ぼすことが、一部の産業やセクターでの採用の制限になると予想されます。

COVID-19の高周波トランス市場への影響

COVID-19は、世界経済や世界の産業に深刻な影響を与えています。各国政府は、流行の拡大を抑えるためにロックダウンを実施したため、人々の生活や人生の質に深刻な影響を与えました。その結果、世界中のサプライチェーンに混乱が生じ、製品の需要が大幅に減少したため、世界中の経済が衰退しました。また、原材料が不足しているため、産業界全体の生産が制限されています。輸出の減少やサプライチェーンの混乱は、高周波トランスの生産量を減少させる大きな要因となっています。しかし、ヘルスケアや家庭用電化製品などの分野では、この状況下でありながら健全な成長が見られました。その後、COVID-19の規制の撤廃とともに、自動車や産業用機器などの多くの分野では、力強い回復が見られました。

牽引要因:電気自動車の普及による自動車産業の成長

高周波トランスは、現在生産されている、ガソリン車、電気自動車などの、電動コンプレッサー、DC-DCコンバーター、LED照明、バッテリーマネジメントシステム、インバーター、電気自動車の充電システム、車載充電器など、さまざまなシステムに使用されています。部品の小型化が進み、高性能・高信頼性が求められていることが、自動車業界で高周波トランスの採用が進んでいる主な理由です。さらに、コネクテッドビークル、IoT、自律制御、電気自動車、ハイブリッド車、代替燃料車などのトレンドに基づく、自動車産業の前向きな成長見通しは、高周波トランス市場に計り知れない成長機会をもたらすと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]