自動搬送車(AGV)の市場規模、2026年に32億米ドル到達予測

自動搬送車(AGV)の市場規模は、2021年の22億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2026年には32億米ドルに達すると予測されています。AGV市場の成長は、さまざまな業界におけるマテリアルハンドリングの自動化の需要、大量生産からマスカスタマイゼーションへの需要の変化、電子商取引の人気の高まり、職場の安全基準の向上などが要因となっています。

COVID-19のAGV市場への影響

2020年は、COVID-19パンデミックにより、世界中の多くの産業が製造施設の閉鎖や生産活動の停止を余儀なくされ、この影響でAGV市場も前年に比べて縮小しました。その後、パンデミックの感染防止のための新しい常態は、ヘルスケア、電子商取引、食品・飲料などの産業のオペレーションを変化させました。また、工業製品や消費者製品に対する需要は増加しており、2022年に同市場はパンデミック前の水準を上回り、2026年にはあらゆる産業でAGVの利用が拡大すると思われます。

牽引要因:自動化ソリューションに対するマテリアルハンドリングの需要の増加

自動車、ヘルスケア、電子商取引、食品・飲料などの業界では、高い効率性が求められており、自動化の需要が高まっています。AGVを利用した産業施設の自動化は、マテリアルハンドリング能力の要件を満たすだけでなく、生産時間の短縮、ヒューマンエラーの低減、安全性の向上、大量生産の確保、精度と再現性の向上にも役立ちます。

AGVを使用することで、原材料のジャストインタイム(JIT)配送、組立部品のコンピュータ制御、出荷品の追跡が可能になります。人手を介さずに材料の保管・流通・運搬ができるため、作業者の怪我や製品の破損の可能性を排除し、精度を高めることができます。さらに、AGVは倉庫における長期的な視点で人件費を削減します。

さらに、AGVの導入は、長期的あるいは短期的リターンの新しい技術への適用を可能にします。産業界ではプラント資産の管理やより良い運用判断を可能にする情報化システムへのニーズが高まっています。

抑制要因:AGVの高額な、導入・維持・切り替えコスト

AGVの導入・設置には莫大な資本支出が必要です。このコストの高さは、製造業の企業がハイエンドのAGVを選択することを躊躇させます。小規模な企業は、自動化システムを導入する余裕がないため、従来型の手動式フォークリフトを採用しています。さらに、AGVのメンテナンスコストは、年数、タイプ、場所、1日のシフト数、機器の状態によって異なるため、この市場の成長を妨げる要因にもなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]