塗料・コーティンング技術に応用される、顔料分散液の市場規模、2026年に444億米ドル到達予測

顔料分散液の市場規模は、2021年の371億米ドルからCAGR3.7%で成長し、2026年には444億米ドルに達すると予測されています。同市場は、主に建築・建設、自動車、その他の産業の発展に伴い今後の成長が期待されています。また、新興国における塗料・コーティングや建設資材の需要の高まりも、市場を牽引する要因となっています。塗料・コーティング剤や印刷インキ用途で有機顔料が好まれる傾向も、市場にプラスの影響を与えています。インド、中国、ブラジル、ペルー、マレーシアなどの新興国における急速な工業化は、顔料分散液市場の成長に大きなチャンスをもたらすと考えられます。

COVID-19が顔料分散液市場に与える影響

COVID-19は、産業・製造分野を未知の事業環境へと導いています。ウイルスの影響で建設事業の継続は打撃を受けており、自動車、電子機器、航空宇宙産業の生産・工場の操業は、ロックダウン期間中、停止を余儀なくされました。これらの業界のほとんどは、原材料の供給を中国に依存しており、世界経済は縮小しました。投資の損失、流動性の不足、労働力不足、サプライチェーンの制約、世界経済全体の不確実性などの要因が、産業部門だけでなく建設部門の成長にも影響を与えています。その後、パンデミックが落ち着きを取り戻すと、多くの国が経済を開放し、工業生産高の回復が予想されました。COVID-19の影響で販売量が減少した顔料分散液のメーカーは、現地での管理に注力し、未開拓の市場機会を狙うことで、リスクを軽減しています。

牽引要因:新興国での顔料分散液の用途拡大

APAC(アジア太平洋)や南米などの新興国における急速な工業化は、顔料分散液市場に大きな成長機会をもたらすと予想されています。建築・建設、自動車、包装、繊維の各産業は、ここ数年で大きく成長しています。中国、インド、韓国、インドネシア、タイ、台湾、ブラジル、メキシコ、マレーシア、ベトナム、コロンビア、チリ、アルゼンチンでは、主要な製造業が急速に成長しており、地域の市場成長をさらに促進すると予想されます。また、政府の政策や、人件費の安さ、熟練した労働力、原材料の入手のしやすさ、都市化の進展などにより、国内外の施設の設立が進んでいます。さらに、プラスチック産業や繊維産業の成長が顔料分散液の消費を促進することが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]