貿易管理の市場規模、2021年の9億米ドルから2026年には15億米ドル到達予測

貿易管理(GTM)の市場規模は、2021年の9億米ドルからCAGR10.0%で成長し、2026年には15億米ドルに達すると予測されています。貿易管理市場を活性化させる主な要因としては、国際貿易量の増加、デジタル化の進展、政府の規制やコンプライアンスなどが挙げられます。

COVID-19の貿易管理市場に与える影響

COVID-19ウイルスの世界的な蔓延により、各国政府は、社会的距離の確保、接触者の追跡、自己隔離、監視、コミュニケーションおよび検査などへの対策を採用し、さらなる感染を防ごうとしています。現時点では、米国、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、イランなどの政府は、予防・治療薬の開発、重要な医療機器の購入、診断テストの迅速な承認などに対し、特別な資金援助を発表しています。また、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(BMGF)やウエルカム財団など、多くの組織がCOVID-19パンデミック対策を強化するために協力しています。

推進要因:国際貿易量の増加

国際貿易量の増加に伴い、グローバルロジスティクスの最適化や貨物のモニタリングの必要性が高まっています。世界貿易機関によると、企業が正常な状態に適応するにつれ、財貨の貿易量は2019年の前四半期と比較して1%の回復が見られました。2020年には、世界のモノとサービスの貿易額は22兆米ドルに達します。国際貿易は市場の開拓により、国内経済では入手できない商品やサービスに触れることができます。パンデミック後、商品やサービスに対する需要が増加することで、国際貿易が急増し、貿易管理ソフトウェアやサービスの利用率が進むことが期待できます。

World Trade Statistical Review 2021レポートのデータによると、2020年、世界はCOVID-19パンデミックの影響で大きく低迷しました。ロックダウンにより、海外旅行、レストランでの食事、文化・娯楽活動などがキャンセルされましたが、必需品に対する需要は持ちこたえました。モノの貿易は2020年第4四半期までにプラス成長の傾向を示しており、パンデミック後の回復が期待されています。

抑制要因:レガシーシステムの変更や新技術の導入に対する抵抗

組織は、貿易プロセスの管理に、ERP(Enterprise Resource Planning)、SCM(Supply Chain Management)、輸送管理システムなどの既存のシステムに依存しており、このことが、GTM普及への抑制要因として考えられます。また、GTMのような新しいシステムを導入および管理するための予算が少ないことも、導入を妨げる要因となっています。技術に詳しい担当者の不足も、デジタルサプライチェーンへの投資を妨げる要因の一つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]