ITS(高度道路交通システム)の市場規模、2026年に680億米ドル到達予測

ITS(高度道路交通システム)の市場規模は、2021年の422億米ドルからCAGR10.0%で成長し、2026年には680億米ドルに達すると予測されています。ITS市場の成長を促進する主な要因としては、道路や公共の安全を確保するための政府の取り組み、交通渋滞を解消する必要性の高まり、効果的な交通管理のための政府の取り組み、環境に優しい自動車技術の高い導入率、スマートシティの急速な発展などが挙げられます。

COVID-19のITS市場への影響

ITS市場には、Tales Group(フランス)、Siemens(ドイツ)、Kapsch TrafficCom(オーストリア)、Conduent, Inc. (米国)、Cubic Corporation(米国)など、主要なTier I、Tier IIサプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、北米、欧州、APAC(アジア太平洋)、その他の国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えました。

牽引要因:効果的な交通管理のための政府イニシアティブ

各国政府は、交通システムの安全性と運用性能を向上させ、環境への影響を低減するために、ITSを採用しています。ITSの導入には多額の資金が必要です。米国、ドバイ、日本をはじめ、多くの国が、ITSのプロジェクトに多額の投資を行っています。例えば、英国政府は2020年に190万米ドルを投資し、運転状況の改善、交通渋滞の緩和、交通渋滞の時間短縮などを目的とし、革新的な技術や方法を試しています。さらに同政府は、運転手が渋滞の心配なく旅行の計画を立てられるよう、AIを搭載した次世代のインテリジェント交通システムを導入しました。これらのシステムは、渋滞、遅延、大気汚染の低減にも役立ちます。英国のイノベーターたちには、よりクリーンで環境に優しく、持続可能な交通ネットワークを構築するために、3億6,800万米ドルを超える資金が提供されています。

抑制要因:ITSの高い導入コスト

ITSを構築するためには、リアルタイムの交通データを処理できる、高度な中央交通管理センター(TMC)が基本的な要件となります。この管理センターには、交通管理者、システムオペレーター、ディスパッチャー、対応機関などを配置する必要があり、莫大な投資が必要となります。さらに、CCTVカメラ、マイクロ波探知機、ダイナミックメッセージサインボード、高度な旅行者情報システム、ハイウェイアドバイザリーラジオ、モバイルデータ端末、車両管理システム、その他のシステムやコンポーネントが含まれます。米国運輸省によると、モバイルデータ端末の資本コストは通常、1台あたり1,000〜4,000米ドルで、追加の設置コストはさらに500〜1,000米ドルと言われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]