スマート電動ドライブの市場規模、2026年に42億4,500万米ドル到達予測

スマート電動ドライブの市場規模は、2021年の9億1,500万米ドルからCAGR35.9%で成長し、2026年には42億4,500万米ドルに達すると予測されています。電気自動車の需要が高まっていることや、車両効率の向上、部品の軽量化、組み立てのコンパクト化などにより、スマート電動ドライブの需要が拡大しています。また、電気自動車を利用した長距離通勤への関心の高まりも市場の牽引要因となります。

COVID-19パンデミックは、自動車用EVのステークホルダーにとって懸念材料となっています。自動車生産の停止と供給の混乱により、自動車用電気自動車産業が停止しています。パンデミック後の自動車販売台数の減少は、今後の、EVのOEMにとって大きな懸念材料となります。しかし、スマート電気自動車市場は、先進的な統合コンポーネントの採用により、2022年に大幅に拡大すると思われます。

COVID-19 のスマート電動ドライブ市場への影響

日本電産株式会社(日本)、アイシン株式会社(日本)、BorgWarner(米国)、Bosch(ドイツ)、ZF group(ドイツ)などの主要部品メーカーは、COVID-19のパンデミック期間中、フランス、ドイツ、イタリア、スペインにおいて、需要の低下、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全を守るための生産停止を発表していました。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、OEMやTier1メーカーの需要に応じて生産計画を立てています。

牽引要因:スマート電動ドライブ技術を用いた運用コストの低減

米国エネルギー情報局(EIA)によると、2019年に世界で消費されたガソリンの量は1日あたり1億195万バレルと言われています。国際市場におけるガソリンの価格は、ここ数年上昇傾向にあります。ガソリンやディーゼルは再生不可能な資源であり、今後数十年で枯渇する可能性があるため、世界での需要が高いと言われています。国際市場ではガソリン価格をコントロールするために多くの条約が結ばれているにもかかわらず、価格は年々上昇しています。ほとんどの国がガソリンを輸入しているため、その使用は経済の貿易収支を悪化させる要因となっています。石油の埋蔵量が限られていることや価格の上昇により、自動車メーカーは自動車用の代替燃料を検討しています。

電気自動車のドライブトレインの運用コストの安さが、環境保護と並んで市場における電気自動車の需要拡大の大きな要因となっています。同時に、今後数年間のスマート電動ドライブ市場の需要を牽引すると思われます。EDF energy社によると、電気自動車の使用コストは1kWhあたり0.4〜0.6米ドルと低くなっており、これは、平均的なガソリン価格と比較してはるかに安いものです。この事は、EVユーザーが日常的に車を使用する際の大きな節約になります。米国、英国、ドイツなどの多くの国では、コストのかかる家庭での充電に補助金を出しています。電気自動車の価格がICE車と同等になれば、電気トラック市場でも急激な需要増加が考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]