インホイールモーターの市場規模、2026年に43億9,500万米ドル到達予測

インホイールモーター市場の成長は、性能、走行距離、信頼性の向上、および内燃機関(ICE)車に劣らない電気自動車の性能向上が原動力となっています。 さらに、パワーエレクトロニクスをシステムに統合することで、車両の部品点数、複雑性、およびコストの削減にも貢献します。また、回生ブレーキと組み合わせることで性能を向上させ、1回の充電で走行できる距離を伸ばすことができます。インホイールモーターの市場規模は、2021年の8億800万米ドルから40.3%のCAGRで成長し、2026年には43億9,500万米ドルに達すると予測されています。

インホイールモーターとは、車輪に取り付けられ、直接動力を与える電気モーターのことで、電気自動車の駆動系システムに使用され、運転操作性を向上させ、より大きなパワーを生み出します。また、インホイールモーターは、車輪に直接電力を供給するため、電力の移動距離が短くなり、モーターの効率が向上します。

インホイールモーター市場の成長は、走行距離の増加、信頼性、車両性能の向上によってもたらされます。さらに、パワーエレクトロニクスをシステムに組み込むことで、車両の部品点数、複雑さ、コストの削減にも貢献します。さらに、回生ブレーキと組み合わせることで性能を向上させ、1回の充電で走行できる距離を伸ばすことができます。一方、製品の価格の高さや、ホイールの不動重量の増加などの要因が、同市場の成長を抑制する可能性があります。

インホイールモーター市場の成長は、電気自動車の販売台数に比例しており、日本、中国、ドイツ、フランス、オランダ、ノルウェー、英国、米国などを中心に大幅に増加しています。これらの国では、政府の政策やインセンティブ、インフラ投資が優遇されており、電気自動車の販売台数が全体の90%以上を占めています。

研究開発費の増加は、インホイールモーターメーカーにとって、技術を開発するための有利な機会となります。多くの部品メーカーが、効率的なシステムの開発に注力しており、自動運転車への関心の高まりは、インホイールモーターのような先進技術の開発を後押しすると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]