暗号資産の安全管理の市場規模、2026年に12億米ドル到達予測

暗号資産の管理の市場規模は、2021年の4億米ドルからCAGR21.5%で成長し、2026年には12億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、発展途上国における高額な送金、ベンチャーキャピタル投資の増加、暗号通貨資産を保護する必要性、ブロックチェーン技術の普及などが挙げられます。暗号資産管理における市場機会は、多くの未開拓市場、産業界における暗号通貨の採用、COVID-19危機下での新たな投資などがあります。

同市場でエンドユーザーが直面する課題は、セキュリティ、プライバシー、コントロールの問題です。また、技術面での専門知識やインフラの不足、暗号通貨の送金完了までにかかる時間の長さなども、さらなる課題となります。また、統一された規制の枠組みがないことや、検証されていない暗号通貨プロバイダーの存在が、暗号資産管理上の抑制要因になります。

COVID-19 の暗号資産管理市場への影響

パンデミックは、暗号資産管理と暗号通貨市場の複数の側面に影響を与えています。Cointelegraphによると、マイニング機器メーカーは中国での生産を停止しています。制限と経済減速の問題により、投資のない暗号資産管理トークンの販売が行われ、一方でICOのローンチの一部が延期されています。例えば、ブロックチェーン企業であるSWAZMは、新規交換公募の開始を延期しました。COVID-19パンデミックの間、デジタルマネーやフィンテックアプリの利用が急増し、全体的な技術進歩を速める結果となりました。世界各国でデジタル化が進み、日常的な支払いからより洗練された多くの用途に至るまで、ビットコインの価値とその受け入れは拡大を続けています。

COVID-19は、ほぼすべての業界のM&A(合併・買収)活動にも影響を与えており、今後予想される新しい取引にも関わっていきます。メディア、運輸・物流、製造業、不動産などが最も影響を受けている業界です。暗号資産管理市場は、COVID-19以降2021年にかけて成長が鈍化すると予想されています。これは、投資家が進行中の取引に興味を失っていることによるもので、非常にデリケートな問題です。例えば、オーストラリア証券取引所は、COVID-19危機の中で、ブロックチェーンベースのポストトレードソリューションの立ち上げを延期しています。

牽引要因:ブロックチェーン技術の普及

ブロックチェーン技術が台頭する前は、暗号通貨やデジタル資産は価値の無いものでした。ブロックチェーンは、デジタル資産や暗号通貨に対するハイレベルなセキュリティの実現の可能性を示しています。ブロックチェーンを使えば、ユーザーは中央当局の許可を取らずに取引を承認することができます。その主なユースケースには、資金交換、スマートコントラクト、投票などがあり、あらゆるビジネスラインに応用分野があります。一言で言えば、ブロックチェーンは、ピアツーピアネットワーク全体で取引情報を保持および維持する分散型デジタル台帳です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]