航空機用プロペラシステムの市場規模、2026年に4億1,400万米ドル到達予測

航空機用プロペラは、多くの種類の航空機に使用されている装置で、航空機の移動のために回りの空気を後方に押し出すことで、相対的な動きを作り出します。航空機のプロペラは、ファンやローターブレードを回転させることで得られる回転運動を、エンジンの助けを借りて掃引力に変換し、航空機の飛行を実現します。

プロペラシステムは、ブレード、ハブ、デジタル電子制御で構成されています。最新の航空機プロペラシステムには、高度な空気力学、構造、制御力学、ソフトウェア、除氷部品が組み込まれています。プロペラブレードは、航空機のプロペラシステムの主要部品であり、一般的にアルミニウムまたは複合材で作られています。航空機用プロペラシステムの市場規模は、2021年の3億800万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には4億1,400万米ドルに達すると予測されています。航空機用プロペラシステム市場は、世界中で増加する特殊軽量スポーツ航空機(SLSA)の納入数が増加していることによって牽引されています。

COVID-19が航空機用プロペラシステム市場に与える影響

COVID-19とそれに伴うロックダウンは、航空業界に悪影響を及ぼしています。国際航空運送協会(IATA)によると、毎年、20億人以上の人々が交通手段として航空機を利用しています。しかし、COVID-19の発生により、2020年は世界の航空輸送量が60%以上減少し、航空業界は停止状態に陥りました。

COVID-19の普及により、企業はビジネスの継続やフリートの最適化のために、リモートワークソリューションやデジタル技術の導入を余儀なくされています。例えば、航空機会社やOEMは、予測メンテナンス、インテリジェントスケジューリング、リアルタイム分析、パフォーマンス向上のためにAIを活用しています。

牽引要因:特殊小型スポーツ機(SLSA)の納入数の増加

北米や欧州地域での航空スポーツ人気の高まりを受けて、世界的にSLSA(Special Light-Sport Aircraft)の納入数が増加しています。航空機の運用効率は、その設計、航行・飛行ルート、厳しい気象条件への耐性などによって決まります。航空機のエンジンに採用されている技術の進歩や、さまざまな種類の航空機の飛行運用、技術運用、地上運用の改善により、航空機の効率と性能が向上しています。これらの要因により、世界中でSLSAの注文数が増加しており、航空機用プロペラシステム市場の成長を促進するものと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]