車載用センサーフュージョンの市場規模、2030年に222億米ドル到達予測

車載用センサーフュージョンの市場規模は、2021年の29億米ドルからCAGR25.4%で成長し、2030年には222億米ドルに達すると予測されています。同市場は、厳格な安全規制の導入、高級車の導入、先進的なADASの普及などの要因により、需要の増加が見込まれています。

COVID-19の車載用センサーフュージョン市場への影響

自動車産業は世界経済の構築に重要な役割を果たしています。しかし、COVID-19の発生により、2020年の第2四半期から第3四半期にかけて、自動車のサプライチェーンが世界規模で混乱したことで新車販売に影響を与え、2020年のLDVとHDVを含む自動車生産台数は前年度比19.6%の減少となりました。世界各地の製造拠点が閉鎖され、自動車産業の回復時期が不透明になり、部品の供給制限、新車販売の減少、生産設備の停止、運転資金の減少という4つの大きな課題に直面しました。車載用センサーフュージョン市場は自動車の生産に依存しているため影響を受けることが予想されます。一方、業界専門家は、2021年の後半には市場は回復の勢いを取り戻す可能性があると予測しています。

牽引要因:センサーフュージョンが提供する技術的優位性

センサーフュージョンは、その技術的な利点から、自動車部門を中心に人気を集めています。Aptiv社によると、センサーフュージョンは、様々なセンサーからのデータをソフトウェアのアルゴリズムを用いて統合し、最も包括的で正確な環境モデルを提供します。さらに、もう一つの大きなメリットは、データの共有性の向上です。従来のシステムでは、センサーが独立して入力を処理していたため、システムが下す判断は個々のセンサーが見ることができる範囲に限られていました。しかし、センサーフュージョンでは、カメラ、LiDAR、レーダーなどの異なるセンサーからの入力が融合され複数のデータを共有することで、より適切な判断が可能となり、車両の安全性を高めることが出来ます。また、センサーフュージョンシステムのドメインコントローラーは、個々のセンサーがデータを処理するのを待ってから操作する必要はありません。 これにより、パフォーマンスが向上し、待ち時間が短縮し、ドライバーの安全性が向上します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]