地雷探知システムの市場規模、2026年に69億米ドル到達予測

地雷探知システムの市場規模は、2021年の52億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2026年には69億米ドルに達すると予測されています。同市場は、新技術の導入や地雷探知システムの需要の増加により、大きな成長を遂げています。北米地域は、地雷探知システムへの投資が増加しているため、市場を支配すると予測されます。

COVID-19による地雷探知システム市場への影響

地雷探知システム市場には、Lockheed Martin Corporation(米国)、Israel Aerospace Industries Ltd. (イスラエル)、Northrop Grumum(米国)、L3Harris Technologies, Inc. (米国)、Leonardo SPA (イタリア)、BAE Systems (英国)、Elbit Systems (イスラエル)、Textron Systems (米国)などがあります。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

地雷探知システムの研究開発は常に進化しており、各国が防衛予算を削減していることがこの技術の成長の妨げになっています。また、輸出入規制により、操業や運営活動にも支障をきたしています。現在、COVID-19のアウトブレイクの制御は国際的な関心事であり、多くの国で重要な課題となっています。

牽引要因:地域情勢不安の高まりによる無人戦闘システム導入の増加

国家間の武力衝突の頻度は急速に増加しており、国防軍には安全対策の強化が求められています。戦いの要求に応えるために、新しい武器や戦闘システムが生み出されています。デジタル戦場の発展に伴い、電子戦技術が無人システムに組み込まれています。増大する軍事的需要に対応するために、各国では技術導入の優先順位をシフトしています。

例えば、中東のイラクやシリアでは、2014年以降、政情不安やテロが発生し、多数のテロ組織がハイテク兵器を採用しています。地域の国々は、この兵器に対抗するために最新のシステムを取り入れるべく、防衛費を増強しています。サウジアラビア、UAE、カタールは、レーダーや防空システムへの投資を強化しています。また、サウジアラビアは、将来的にロシアからS-400防空システムを購入する予定です。

2015年から2019年の間に、中国とパキスタンはインドへの侵攻を複数回行い、敵対関係が生じました。トルコ政府当局は、2019年10月にロシアのS-400防空システムの購入を発表しました。中国とベトナム、インドネシア、台湾、マレーシア、フィリピンなどの近隣諸国との間で南シナ海紛争が高まり、各国は防衛予算の引き上げの必要性を感じています。ロシアとNATO間の緊張関係から、ルーマニア、ポーランド、ウクライナなどの国々は防空システムへの支出を増やしています。このような軍事力の向上への取り組みは、地雷探知システムの市場を活性化させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]