レーザークラッディングの市場規模、2026年に8億2,300万米ドル到達予測

レーザークラッディングの市場規模は、2021年の4億8,300万米ドルからCAGR9.6%で成長し、2026年には8億2,300万米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、レーザークラッディング用途でのファイバーレーザーの普及が進んでいることや、付加価値製造や高速製造への要求が高まっていること、従来のレーザー技術からレーザークラッディングへの移行が進んでいることなどが挙げられます。

COVID-19のレーザークラッディング市場への影響

COVID-19がレーザークラッディング市場に与える影響は、同時にレーザー産業全体にも悪影響を及ぼします。レーザーメーカーや原料供給会社の大半が中国に拠点を置いていることから、短期的にはレーザー製造が減少すると考えられます。レーザーソース、ガルバノメーター、出力カプラーなどのサブコンポーネントの製造を含むレーザー製造については、業界は依然として中国に大きく依存しています。パンデミックの影響で部品の供給が途絶え、レーザー製品の供給が制限されることが考えられます。

一部のレーザーメーカーは、一時的にレーザーの価格を引き上げる可能性があります。当面の影響としては、供給不足によりレーザーシステムの価格にネガティブな圧力がかかるかもしれません。今後、レーザーシステムメーカーは、中国でのサプライチェーンの混乱に注意する必要があります。2020年6月以降は、米国、インド、ドイツ、英国など他の国でも、COVID-19によるサプライチェーンの混乱の影響が見られました。これにより、2020年から2021年のレーザークラッディング市場にマイナスの影響を与えました。一方、状況の改善に伴い、今後数ヶ月以内に製造活動が正常に戻るとともに、レーザーシステムの定期的な供給が確保されることが期待されます。

レーザークラッディング市場の主要企業

レーザークラッディング市場には、TRUMPF社(ドイツ)、OC Oerlikon Management AG社(スイス)、Coherent, Inc社(米国)、IPG Photonics Corporation社(米国)、Han’s Laser Technology Industry Group Co. (中国)などの企業が挙げられます。

牽引要因:レーザークラッディング用途でのファイバーレーザの普及拡大

現在、ファイバーレーザーの最大市場は産業分野であり、その多くはキロワットクラスの出力レベルで、自動車関連の用途が注目されています。自動車業界では、耐久性の要求を満たしつつ、燃費向上の目的で比較的軽量な車を製造するために、高強度鋼への移行が進んでいます。問題となっているのは、その高強度鋼の切断方法です。そこで注目されているのがファイバーレーザーです。従来の工作機械では、このような鋼材に穴を開けることは非常に困難でしたが、ファイバーレーザーであれば、簡単に穴を開けることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]