ライナーレスラベルの市場規模、2026年に22億米ドル到達予測

ライナーレスラベルの市場規模は、2021年の17億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予測されています。ライナーレスラベル市場は、食品、飲料、ホームおよびパーソナルケア業界での需要拡大により、今後数年間で大きな成長が見込まれています。

COVID-19がライナーレスラベル市場に与える影響

COVID-19パンデミックの影響により、サプライチェーンに混乱が生じ、原材料や労働力不足から、さまざまな産業の成長が鈍化しています。2020年、ライナーレスラベル市場は、このパンデミックによる影響は非常に少なく、CAGRの低下は名目的なものでした。しかし、その後、原材料生産の減少、サプライチェーンの混乱、貿易の停止などにより市場が制限されました。特に影響を受けたのは、食品、飲料、小売、ホームおよびパーソナルケアなどのエンドユース産業です。

牽引要因:包装食品やパッケージ飲料の需要の増加

健康意識の高まりと一人当たりの所得の増加により、包装食品やパッケージ飲料の需要が高まり、ライナーレスラベル市場の成長にプラスの影響を与えています。欧米諸国の影響、生活水準の変化、利便性、パッケージ食品への信頼などがパッケージ食品の需要に寄与しています。外出しないライフスタイル、長い通勤時間に加え、手料理への関心の低さから、すぐに食べられる食品への依存度が高まり、ライナーレスラベルの需要につながっています。

ライナーレスラベルは、従来の手法に代わる優れた手段として人気を集めています。また、より多くの情報と鮮やかな写真品質のグラフィックを提供することで、ブランドの存在感を高め、消費者の関心を引き付けることができます。さらに、パッケージ上での360°の視認性を提供し、製品のプレゼンテーションと差別化を実現します。これらの要因により、ライナーレスラベルの需要が高まっています。

抑制要因:政府の厳しい規制

パッケージング規制は、工業用ラベルがガイドラインに沿って製造され、環境に優しいものであることを保証します。例えば、Food and Drug Administration(米国)やFair Packaging and Labelingは、原材料や印刷に関する安全性を確保する規制機関です。規制当局は、ラベルに使用される材料とその用途について定期的なチェックを行います。ライナーレスラベルメーカーは、工業用ラベルの正当性、耐久性、持続性などの必須要件を確実に満たすために、規制上の義務を遵守する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]