自動光学検査の市場規模、2026年に16億6,000万米ドル到達予測

自動光学検査(AOI)の市場規模は、2020年の5億9,800万米ドルからCAGR20.8%で成長し、2026年には16億6,000万米ドルに達すると予測されています。他の検査方法と比較したAOIの優位性、パンデミックに伴う家庭用電化製品の需要の高まり、小型で高速なプリント基板のニーズの高まり、EMS(電子機器製造サービス)企業の生産性向上への要求、自動車分野における電子機器の需要の高まりなどが、市場の成長に寄与しています。また、SMART技術の登場や、プリント基板検査以外のAOIシステムの新たな用途、IC基板検査用AOIシステムの需要拡大なども、市場関係者にとって成長のチャンスとなっています。

自動光学検査は、主にプリント基板(PCB)の欠陥を検査するために使用される自動外観検査手法です。このシステムは、はんだ付け不良、部品不良、ボールグリッドアレイ(BGA)、表面不良、寸法不良、部品配置不良、チップスケールパッケージ(CSP)不良などの欠陥を検出することが出来ます。電子機器の小型化やプリント基板の進化に伴い、回路が複雑化しているため、手作業での検査はほとんど不可能になっています。AOIは基板の検査に重要な役割を果たすことで、コストをできる限り抑えながら、生産ラインに求められる製品品質を達成します。

AOI市場はこれまで、家庭用電化製品、自動車、産業用電子機器の分野でその需要が高まったことにより、大きな成長を遂げてきました。しかし、COVID-19パンデミックの発生に伴い、この成長率は低下しています。パンデミックの状況下では、センサーなどのハードウェアコンポーネントの供給や採用が制限されます。しかし、すべての半導体企業が成長率の低下を目の当たりにしているわけではありません。リモートワークや在宅勤務の活動により、仕事の継続が可能な企業もあります。

牽引要因:パンデミックに伴う家電製品の需要の高まり

2020年以降、パンデミックにより仕事や学習の遠隔地への移行を受けて、消費者は、電話、コンピューター、モニター、マイク、キーボード、マウス、カメラ、さらにはスマートコーヒーメーカーやデジタルフットマッサージャーなど、好きな場所で快適に仕事ができるガジェットを手に入れようと躍起になっています。家の中で過ごす時間が長くなればなるほど、家の中は快適になり、テクノロジーへの投資も増えていきます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]