バイオプロセスコンテナの市場規模、2026年に96億米ドル到達予測

バイオプロセスコンテナ(BPC)の市場規模は、2021年の29億米ドルからCAGR26.3%で成長し、2026年には96億米ドルに達すると予測されています。バイオプロセスコンテナ市場の成長は、生物製剤市場の拡大、シングルユースのバイオプロセス技術の持続性、バイオ医薬品の研究開発の高まりなどの要因によるものです。新興国や生物製剤の特許切れは、今後、同市場で活動するプレーヤーに成長の機会を提供すると予想されます。

COVID-19がバイオプロセスコンテナ市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生により、既存の製薬会社とバイオプロセスコンテナ市場のプレーヤーが、新型コロナウイルスによる感染症を標的とした治療法やワクチンの開発に乗り出しています。

2021年3月、Pall Corporation(米国)は、PallとAustar Groupの合弁会社であるPall-Austar Lifesciences Limited(中国)を買収し、COVID-19ワクチンの開発のために、シングルユース技術の需要をサポートするために、Pall社の製造能力を拡大しました。また、2021年3月、Merck(ドイツ)は、3,000万米ドルを投資して、フランスのモルスハイムにあるライフサイエンスセンターにシングルユースの組立生産ユニットを追加しました。この増設により、COVID-19ワクチンをはじめとする、救命治療薬の製造に使用される欧州でのシングルユース技術は拡大しました。

主要なCOVID-19ワクチンプログラムのほとんどは、mRNA、DNAワクチン、ベクターなどの新しいアプローチを使用しているため、これらのプラットフォームは大部分がシングルユース技術で構築されています。パンデミック関連の新規施設の多くは、従来のステンレス製機器に比べて、柔軟性と高速性を兼ね備え、設備投資額が大幅に抑えられるシングルユースシステムを採用しています。そのため、COVID-19パンデミック関連の研究にもシングルユース技術が採用される傾向があり、主要企業によるワクチン開発の増加と相まって、バイオプロセス容器市場にプラスの影響を与えると予想されます。

牽引要因:成長するバイオロジクス市場

シングルユース技術の成長は、より安く、より速い生物製剤を製造する必要性に起因しています。患者に合わせた細胞・遺伝子治療や治療用ワクチンなど、個別化された生物製剤や医薬品の積極的な開発には、高い無菌性が要求されるため、製品はシングルユースの機器や消耗品を使用して製造されます。COVID-19パンデミックにより、ワクチンの需要はかつてないほど高まり、大規模および実験室規模のシングルユースバイオリアクターや、バイオプロセスコンテナ、培地バッグ、ろ過アセンブリなどの関連消耗品の使用量が増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]