セキュリティおよび脆弱性管理の市場規模、2026年に187億米ドル到達予測

セキュリティおよび脆弱性管理の市場規模は、2021年の138億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2026年には187億米ドルに達すると予測されています。同市場の高い成長率は、ソフトウェアの脆弱性の増加、ソリューション導入以前の高額な金銭的損失、厳格な規制基準やデータプライバシーの遵守、IoTやクラウドトレンドの導入の急増、AIやMLなどの先進技術とセキュリティおよび脆弱性管理ソリューションの統合などの要因に起因すると考えられます。

COVID-19によるセキュリティおよび脆弱性管理市場への影響分析

COVID-19パンデミックは、個人や企業を含む社会のあらゆるセグメントに影響を与えています。このパンデミックの影響で、オンラインビジネスへの依存度が大幅に高まっています。BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造業、小売業、運輸・物流などが、インターネットを活用して消費者に必要なサービスを提供しており、セキュリティおよび脆弱性管理システムの需要が高まっています。パンデミックの状況下で、政府や規制当局は、在宅勤務や社会的距離の保持といった新しい慣行を取り入れることを義務付けました。それ以降、デジタルな方法でのビジネスや、電子メールの使用が組織の事業継続計画(BCP)となりました。また、モバイル機器の普及やインターネットの普及に伴い、個人がセキュリティや脆弱性の管理に関心を持つようになりました。このようなトレンドやIT環境の分散化により、企業はサイバー攻撃やデータ漏洩の影響を受けやすくなっており、セキュリティおよび脆弱性管理ソリューションの需要がさらに高まっています。

牽引要因:脆弱性管理ソリューションの不在による高額な金銭的損失

企業は、ビジネスの生産性を高めるために、エンタープライズモビリティ、仮想化、クラウドストレージなどの技術開発を採用する傾向があります。こうして、企業は、モバイルデバイスを使い、クラウドや仮想ストレージのビジネスデータに簡単にアクセスできるようになりました。しかし、このことは、同時に、データの損失や盗難のリスクを増大させます。脆弱性管理ソリューションは、強力なパスワードポリシー、ファイアウォールのポートアクセス、Webサーバのハードニング、Windows Defenderなどのウイルス対策ソリューション、および管理者の認証権限に関する設定ミスの検出に役立ちます。組織は、セキュリティソリューションの導入にあたり、不備があった場合には、莫大な費用を支払うことになります。

COVID-19の増加に伴い、従業員は遠隔地で仕事をしたり、学生はオンライン授業に移行したりしています。企業がビジネスや授業のオンライン化を急ぐ中、サイバー犯罪者たちは、セキュリティの態勢が不十分な可能性のある人々を利用しようと、機会を狙っています。伝達された機密情報の損失を避けるために、セキュリティと脆弱性の管理は、産業界にとって安全な選択です。企業はセキュリティと脆弱性管理のソリューションを導入し、安全な環境を守ることが求められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]