マネージドネットワークサービス(MNS)の市場規模、2026年に823億米ドル到達予測

マネージドネットワークサービス(MNS)の市場規模は、2021年の574億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2026年には823億米ドルに達すると予測されています。エコシステムにはさまざまな主要プレーヤーが存在するため、市場は競争が激しく多様化しています。企業は、ネットワーク管理を外部に委託することで効率化を図り、リソースの有効活用と支出の削減を実現しています。また、MSP(マネージドサービスプロバイダー)の助けを借りることで、社内にグローバルリソースを持たない企業でも、グローバルネットワークサービスを利用することができ、ネットワークの構築、監視、保守の簡略化を実現し、コアビジネスに集中することができます。MNSは、コストと時間のかかる社内ネットワーク管理サービスの、魅力的な代替手段となります。

COVID-19は、ヘルスケア分野に影響を与えただけでなく、世界経済にも影響を及ぼし、エネルギー、石油・ガス、輸送・物流、製造業、航空業など、さまざまな金融・産業分野に経済的影響を与えています。何兆ドルもの損失により、世界経済が後退すると予測されています。また、ロックダウンを延長する国が増えたことで、経済活動が低下しています。連邦政府、州政府、中央政府、地方政府、州などで、個人や政府が社会で互いに連絡を取り合い、COVID-19に関する情報をリアルタイムで提供・入手しています。

COVID-19の感染者は日に日に増加しており、同時に大企業や中小企業にも多大な影響を与えています。製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・接客、消費財などの基幹産業が、国レベルのロックダウンにより閉鎖されています。これは、GDPの減少という点でも、世界経済に大きな影響を与えます。古くから、中小企業は経済のバックボーンとして機能しており、このパンデミックにより、最大の影響を受けていると考えられます。

牽引要因:世界的に高まるデジタルトランスフォーメーションの傾向

デジタルトランスフォーメーションは、優れた顧客体験を提供するために必要なネットワークの向上を促します。各国企業は、デジタルトランスフォーメーションの一環として、新しいデジタル技術の導入を計画しています。デジタル化が進む中で、多くの企業はMNSプロバイダーを利用する傾向が強まっています。企業のニーズを理解するMNSプロバイダーとのパートナーシップは、スキルギャップを解消し、革新的なソリューションで新しい市場に参入することを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]