ログ管理の市場規模、2026年に41億米ドル到達予測

ログ管理の市場規模は、2021年の23億米ドルからCAGR11.9%で成長し、2026年には41億米ドルに達すると予測されています。ログ管理市場を活性化させている主な要因としては、巧妙化するサイバー攻撃の早期発見、政府の規制やコンプライアンスが厳しくなっていること、ITインフラへの依存を理由とした大容量データの生成などが挙げられます。さらに、ビジネスインテリジェンスへの需要の高まり、クラウドベースのログ管理プラクティスの増加傾向、予測分析、AI、MLなどの技術のログ管理への統合は、ベンダーに有利な機会を提供します。

COVID 19ログ管理への影響

COVID-19による急速なデジタルトランスフォーメーション戦略の採用により、アクセスポイントやエンドポイント数が一気に増え、イベントログデータが急増し、パフォーマンス、可用性、セキュリティ、ITコストの増加などの問題が発生し、ログ管理のソリューションやサービスが必要となっています。COVID-19により、複数のクラウドリソースを一元管理することへの関心が高まっています。これにより、アプリケーション、ネットワーク、エンドポイントのパフォーマンスやセキュリティを測定し、最適化するためのログデータの重要性が注目されています。さらに、ログデータは重要な問題を特定して修正し、パフォーマンスを迅速に改善するためにも貴重なものです。そのため、クラウドサービス、アプリケーション、インフラストラクチャからログデータを収集し、相関させるためのログ管理ソリューションおよびサービスの需要が高まっています。これは、問題の特定、パフォーマンスの測定、構成の最適化に役立ちます。クラウドベースのログ管理ソリューションやサービスは、拡張性や従量制、外部の専門家の利用などの利点があるため、パンデミックの際に需要が増加しました。多くの企業が依然として在宅およびハイブリッドモデルで作業しているため、セキュリティ評価のためのログ管理の需要はさらに増すと予想されます。

COVID-19によるデジタルトランスフォーメーションのブームにより、ITへの依存度が高まる中、あらゆる新しいデバイスが大量の分散型ログデータを生み出しています。ログ分析にAIやMLを活用することで、より多くのログデータを分析し、脅威のパターンを効果的に分析するアルゴリズムの作成に役立てています。COVID 19の発生後、ログデータが指数関数的に増加したことで、解析作業はさらに複雑になり、時間がかかるようになっています。また、標準的なログフォーマットがないことも、ログ分析のプロセスを複雑にしています。標準的なログフォーマットを採用することで、企業はより迅速かつ効率的に脅威を把握することができるようになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]