マイクロ流体技術の市場規模、2026年に588億米ドル到達予測

マイクロ流体技術の市場規模は、2021年の207億米ドルからCAGR23.2%で成長し、2026年には588億米ドルに達すると予測されています。マイクロ流体技術は、迅速な分析、試薬の消費量の削減、正確な検査結果を提供し、医薬品開発プロセスの全体的なコスト削減に役立ちます。これらの要因に加えて、グルコースモニターや妊娠検査キットなどのPoC(ポイントオブケア)診断機器の需要と採用が拡大していることから、マイクロ流体技術の需要が増加しています。

COVID-19によるマイクロ流体機器市場への影響

COVID-19パンデミックは、マイクロ流体工学業界全体に良い影響を与えています。創薬やCOVID-19検査に利用されるマイクロ流体技術を用いた迅速診断テスト、POC(ポイントオブケア)テスト、IVDデバイスの需要が大きく伸びています。業界団体は、COVID-19を検出するためのマイクロ流体技術を用いた迅速な抗原検査の導入に注力しています。また、規制当局もパンデミック対策として、マイクロ流体検査を承認するための支援を行っています。また、マイクロ流体技術産業はプラスの影響だけでなくマイナスの影響も受けており、主要なプレーヤーはこの状況に対処するために戦略的な決定を行っています。また、迅速診断テスト、POCテスト、IVD機器の増加に伴い、患者のサンプル結果の正確さと精度を確保するために、マイクロ流体キットの需要が増加しています。

牽引要因:Point-of-Care検査の需要増加

世界のPoC診断市場は、今後10%程度の成長が見込まれています。この成長の主な要因は、生活習慣病や感染症の増加、在宅医療への関心の高まりです。また、新製品開発のための民間投資やベンチャー企業からの資金提供の増加や、政府によるPoC機器の導入促進の支援が、PoC診断市場の成長を支えています。様々な疾病の発生率や有病率の上昇、製品の小型化や医療の分散化などが、PoC診断市場で活動するプレーヤーに大きな成長機会を提供しています。

抑制要因:複雑で時間のかかる承認プロセス

医療機器メーカーは、グローバル市場での製品のマーケティングおよび販売を確実にするために、厳しい規制政策を遵守する必要があります。米国は、マイクロ流体機器の主要な製造拠点であり、主要なプレーヤーの大半が米国に拠点を置いています。また、医療機器の安全性と有効性を確保するために、FDAが厳格な規制基準とガイドラインを定めています。しかし、ここ数年、FDAによる医療機器の承認プロセスは、長くて複雑なものになっています。このことは、革新的な新製品を米国で発売する際に企業が直面する大きな課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]