炭化ケイ素の市場規模、2026年に21億1,300万米ドル到達予測

炭化ケイ素の市場規模は、2021年の8億9,900万米ドルからCAGR18.7%で成長し、2026年には21億1,300万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長の主な要因としては、パワーエレクトロニクスにおけるSiCデバイスの需要が拡大していること、通常のシリコンよりも機械的、電気的、熱的特性が優れていること、政府、民間団体、研究機関、メーカーがSiCの生産量を増やすために投資を行っていることなどが挙げられます。また、COVID-19状況下でありながらも、自動車やパワーデバイスへのSiCデバイスの導入が進んでいることや、ハイブリッド車や電気自動車の需要が増加していることから、効率的な産業活動のために炭化ケイ素の需要が高まっています。

牽引要因:パワーエレクトロニクス分野におけるSiCデバイスの需要拡大

パワーエレクトロニクスは、世界の電気インフラにおいて重要な役割を果たしています。同業界では、数多くのパワーデバイスがあり、システム内の交流を直流に、あるいはその逆に変換します。また、これらのパワーデバイスは、エネルギー損失を最小限に抑え、システムの効率を高めるように設計されています。SicダイオードやモジュールなどのSiCデバイスは、シリコンとカーバイドからなる化合物半導体です。ワイドバンドギャップ、高ドリフト速度、高耐圧、大きな臨界電界、高熱伝導性などの特長があり、より高い電流密度と温度で動作することが可能です。

抑制要因:SiCの材料費と製造コストの高さ

Siは自然界に存在するシリカから容易に抽出できるのに対し、SiCは高温環境下で商業的に合成されるため、Si原料に比べて高価になります。また、デバイスの製造においては、ファウンドリやファブの数が少ないなど、いくつかの要因がコストアップにつながっています。さらに、組み立て、テスト、パッケージングなどの最終段階では、高度な技術に基づく適切な装置がないため、コストが高くなります。

市場機会:ハイブリッド車や電気自動車の需要拡大

ハイブリッドカーや電気自動車は、従来の自動車よりもデジタル接続性が高いため、人気が高まっています。同時に、ガソリンやディーゼルなどの化石燃料の消費を抑え、地球温暖化や生態系へのダメージを軽減し、優れた燃費性能を発揮します。さらに、COVID-19の影響で、自動車業界では、ハイブリッド車、電気自動車、自律走行車の需要が低迷しているにもかかわらず、これらの車両の需要は他の車両タイプよりも高くなると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]