木材用接着剤の市場規模、2026年に49億米ドル到達予測

木材用接着剤の市場規模は、2021年の41億米ドルからCAGR3.4 %で成長し、2026年には49億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を牽引しているのは、従来品に代わる接着剤の需要が高まっていることです。接着剤は、強力な接着力ときれいな仕上げを提供し、同時に軽量です。また、錆びることもなく、シーラント効果もあります。APAC(アジア太平洋)地域は木材用接着剤の最大市場です。

COVID-19の木材用接着剤市場への影響

COVID-19発生により、ウイルスの拡散を防ぐために国境が封鎖され、各国の経済活動が停止するなど、世界経済は大混乱に陥り、世界中の産業に深刻な影響を与えました。

COVID-19が、旅行・観光業、製造業、航空業など様々な産業分野に与えた影響は深刻で、ロックダウンが課されたことで、経済活動が低迷し、世界経済が低迷しています。2020年8月中旬の時点でCOVID-19の感染が確認された件数は2,000万件を超えており、企業は工場の操業停止や検疫措置による収入減やサプライチェーンの混乱に対処しています。IMFによると、2020年の世界経済は3%縮小すると推定され、1930年代の大恐慌以来の急な減速となります。主要国の今年の経済成長率は、米国が5.9%、日本が5.2%、英国が6.5%、ドイツが7%、フランスが7.2%、イタリアが9.1%、スペインが8%と予想されています。

牽引要因:主要新興国での使用拡大。

接着剤メーカーは、中国、インド、ブラジル、メキシコ、その他の新興国におけるプレゼンスの拡大と市場機会の活用に注力しています。APAC地域の政策は、規制やデータ要件がそれほど厳しくないため、適応性が高くビジネスに適しています。成熟市場での競争激化により、接着剤メーカーは新興市場への注力を余儀なくされています。

抑制要因:原材料価格の変動

接着剤メーカーにとって、原材料価格は、製品のコスト構造を決定する上での重要な要素です。接着剤業界で使用される原材料には、プラスチック樹脂、合成ゴム、無機化学品、工業用無機化学品、石油精製品などがあります。これらの原材料のほとんどは石油由来のものであり、商品価格の変動の影響を受けやすく、最近ではパンデミックや中東の政情不安などにより、原油価格が大きく変動しています。

市場機会:低VOC接着剤の需要

木材用接着剤市場の主要プレーヤーは、持続可能性を求めています。そのため、低VOC含有製品への切り替えは、市場の重要なトレンドの1つです。低VOCの木材用接着剤製品は、溶剤ベースの製品よりも環境に優しく、乾燥時間が短く、臭いが少なく、石鹸や水で簡単に洗えるという特徴があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]